AnTuTu Benchmark「コスパの高いスマートフォン2016年」10~11月

ベンチマークアプリを提供するAnTuTu Benchmarkのデータから「2016年10月,11月のコストパフォーマンス・ランキングTOP10」を公開。

公開時点での市場価格とAnTuTuスコアを比較してのデータです。スマートフォンは、Xiaomi, Lenovo ZUKシリーズ、LeEcoといったコスパモンスターの機種を多く発売しているブランドがずらりとランクイン。

(ちなみに11月、またそれ以降にリリースしたスマートフォンもあるので、現在はランキングも変化しているかと思います。)


AnTuTu Benchmarkのコスパに優れたスマホ・ランキング(2016年11月)

  1.  Xiaomi (Redmi) Note 3
  2. LeEco Le 2
  3. Lenovo ZUK Z2
  4. LeEco Le Pro 3
  5. 360 N4
  6. LeEco Le Max 2
  7. Xiaomi 5
  8. LeEco Le 2 Pro
  9. Meizu Metal
  10. Xiaomi 5s

Xiaomi のNote 3 (Note 3がないのでRedmi Note 3と思われます) がNo.1に。その下にはLeEcoやLenovo ZUK Z2など中華スマホでも性能と価格のバランスが少しおかしいコスパモンスターな機種がずらりとランクインしています。

MediaTek Helioプロセッサー搭載機ではMeizu Metalと360 N4がランクイン。AnTuTu Benchmarkのパフォーマンスランキング2016ではAndroidだとQualcomm Snapdragon 820 / 821搭載機が独占していましたが、「コストパフォーマンス」部門となるとMediaTek SoC搭載機もランクインしてくるのは面白いデータになっています。

AnTuTu Benchmarkのコスパに優れたスマホ・ランキング(2016年10月)

  1. Lenovo ZUK Z2
  2. LeEco Le Max 2
  3. Xiaomi 5
  4. LeEco Le 2
  5. 360 N4
  6. LeEco Le Pro 3
  7. Redmi Note 3
  8. Xiaomi 5s
  9. LeEco Le 2 Pro
  10. 360 N4S

10月の結果もほぼ同じですね。Snapdragon 820シリーズ搭載の格安モデルではLenovo ZUKやLeEco、Xiaomiがずらりと並び、超安の360 N4/N4Sがランキングに食い込むといった結果になっています。

中華スマホにおいてはもっと安い機種も存在していますが、ことコストパフォーマンスにおいてはこの辺りの機種、もしくは後継モデルをチェックしておくのが良いかもしれませんね。

(購入)

Lenovo ZUK Z2

Xiaomi Mi5

LeEco Le Max 2