【アスペクト比18:9】(的な)の中華スマホリスト

以前ベゼルレス(Xiaomi Mi MIXクローン)な中華スマホリストをまとめたのですが、2017年後半はGalaxy S8やLG G6に代表されるような「ディスプレイアスペクト比が18:9(もしくはそれに近い比率)の中華スマホ」が流行りそうなので、端末情報が出てきたものからまとめてみようと思います。

LEAGOO KIICAA S8シリーズ

中華スマホのLEAGOOは、LIICAA S8シリーズで18:9のアスペクト比を採用したモデルを開発中のようです。デザインは、初めて紹介された時点ではGalaxy S8シリーズにインスパイアされているように見えます。

参考:LEAGOO KIICAA S8 Lite/ S8 / S8 Premiumが予告。18:9アスペクト比

BlackView MAX1

タフネスモデルもいくつか発売しているBlackViewですが、Max1という18:9のディスプレイを搭載したモデルを予告しています。SNSに投稿された時点では、他のスペック情報は不明。

参考:Blackview MAX1はアスペクト比18:9のディスプレイを採用するかも

Elephone S9(仮)

予告画像で登場したElephoneのコンセプトデザイン。こちらも外観はGalaxy S8シリーズに近いような気がしますが、こちらもスペック情報は不明。

参考:ELephoneがAndroid 8.0搭載スマホを予定。画像はGalaxy S8やLG G6っぽいディスプレイデザイン

BLUBOO S8

helio X30を搭載すると噂のBLUBOO S8。RAMは4GB or 6GB、内部ストレージは64GB or 128GBを予定しているとか。ちなみにアスペクト比が違うとディスプレイ解像度も異なってくるので、Full HD+やHD+というのですね。初めて知りました。

参考:「BLUBOO S8」がリーク。Galaxy S8リスペクトの中華スマホが今後増えそうな予感

追記:Banggoodから発売されました。

Ulefone F2

こちらは18.5 : 9のアスペクト比を採用予定のUlefone F2。SNSに公式情報が登場した段階では5.7インチディスプレイ、8GB RAM、デュアルカメラなどが予告されていますが、仕様は変更される可能性があります。それにしても、どの機種もデザインはgalaxy S8っぽくなるかもしれませんね。

関連:新たなS8クローン「Ulefone F2」はアスペクト比18.5:9を採用

UHANS I8

情報が怪しい部分もありますが、18:9のアスペクト比、デュアルカメラ、6GB RAM、またSnapdragonかMediatekのオクタコアCPUを採用予定だそうです。

参考:UHANS I8は18:9のアスペクト比を採用か

UMIDIGI S2 Pro

18:9のアスペクト比に5.99インチのFHD+ディスプレイを採用予定。5100mAhの大容量バッテリー、デュアルカメラ、6GB RAM、helio P25などを採用予定です。

関連:UMIDIGI S2 Pro / アスペクト比18:9の新たな中華スマホが登場予定

Xiaomi Mi MIXクローンの次はGalaxy S8クローンが流行る

Xiaomi Mi MIXのような3辺ベゼルレスのスマートフォン発表、発売が少し落ち着いたところで、次は18:9のアスペクト比を採用した「Galaxy S8クローン」が中華スマホのトレンド(というよりも今後のスマホトレンド)になりそうな気がします。

最近はHonor Magicのクローン機種が登場したりと、多くのブランドが深圳に本部を置いているせいか、開発・発売されるのもなかなか早いのも特徴かもしれません。またJDIで18:9のFULL ACTIVEを量産開始のニュースが出るなど、2017年後半にかけてトレンドになるのは間違いなさそうです。