「CHUWI Hi9」8.4インチ 2560×1600高解像度ディスプレイ搭載の中華泥タブが170ドル前後で発売

chuwi-hi9-android-nougat

中華タブレット・PCを中心に展開するCHUWIブランドから、泥タブ「CHUWI Hi9」が発売。

Android 7.0 Nougatを搭載したWi-Fiタブレットで、8.4インチの高解像度ディスプレイ、約7.9mmの薄型ボディ、MediaTek MT8273を搭載し、価格も200ドル以下と安いのが特徴です。

CHUWI Hi9

CHUWI Hi9は、Android OSを搭載したAndroidタブレット。

chuwi-hi9-official

CHUWIブランドから発売された新モデルで、200ドルを切る低価格ながら、高解像度のディスプレイを搭載しているのが注目ポイント。

スペック・基本仕様

chuwi-hi9-android-nougat

MODELCHUWI Hi9
OSAndroid 7.0 Nougat
SoCMediaTek MT8173
クアッドコアCPU
RAM4GB
ROM64GB
外部メモリTFカードスロット
ディスプレイ8.4インチ IPS
2560×1600ドット
USBmicroUSB
3.5mmヘッドフォンジャック搭載
Wi-Fi802.11a/ac/b/g/n
Bluetoothサポート
カメラ5MP リア
2MP フロント
バッテリー5000mAh
本体サイズ約216.5*129.5*7.9 mm
本体重量約350g
参照http://en.chuwi.com/product/items/Chuwi-Hi9.html

Android 7.0 Nougatの薄型タブレット

chuwi-hi9-android-tablet

まずはOSですが、Android OSのみ。つまり中華泥タブですね。CHUWIはデュアルブートの機種もいくつかありますが、今回のCHUWI Hi9はAndroid 7.0 Nougatのみを搭載しています。

chuwi-hi9

本体サイズは厚み約7.9mmということで、正しければ結構薄型のタブレットということになるかと思います。

8.4インチ 高解像度・フルラミネーションのディスプレイ

chuwi-hi9-display

一番の注目ポイントは、高解像度のディスプレイ。8.4インチのサイズに2560×1600ドット(WQXGA)のIPSスクリーンとなっており、200ドルを切る価格のAndroidタブレットとしては高い解像度となっています。

OGS / フルラミネーションも採用されており、この2つの技術はCHUWIの他のタブレットPCでもすでに採用されてたりするので、この辺りが活かされているのかもしれません。

MediaTek MT8173

chuwi-hi9-mt8173

プロセッサーはMediaTekのMT8173。ARM Cortex-A72の2コア + A53の2コアでクアッドコアCPUの構成となっており、GPUはPowerVR GX6250。

メインメモリが4GB RAM、内臓ストレージが64GB ROM、外部メモリでmicroSDカードスロット(最大128GB)にも対応。この価格であれば泥タブで64GBというと十分な気がしますがどうでしょうか。

2.4GHz/5GHz デュアルバンドWi-Fi

chuwi-hi9-dual-band-wifi

Wi-Fiは802.11a/ac/b/g/nサポートで、2.4GHz / 5GHzのデュアルバンドWi-Fi対応。

CHUWI Hi9の価格は170ドル前後からと、8.4インチの2560×1600ドットの高解像度ディスプレイ搭載した泥タブと考えると安いように感じます。購入は以下のページから。

シェア

フォロー