Covia g07+に搭載の「MediaTek MT6750T」スペック・他機種のベンチマークなど

Coviaから発売予定の「g07+」は、プロセッサーに「MediaTek MT6750T」を採用したSIMロックフリースマートフォンです。税別2万円以下で販売に加えて3キャリアの回線(au系3G含む)と何かと話題のモデルですが、今回は搭載されているMT6750Tに注目してスペックなどを確認してみたいと思います。

g07+に搭載される「Mediatek MT6750T」とは


コヴィアのg07+に搭載予定のMT6750Tは、Mediatekのプロセッサーです。ミッドレンジの端末に搭載されるような仕様になっており、スペックは公式サイト参照で以下の通り。

MODELMT6750/MTK6750MT6750T/MTK6750T
プロセス28 nm HPM
CPUオクタコアCPU 最大1.5GHz
(ARM Cortex-A53@1.0GHz×4
ARM Cortex A53@1.5GHz×4)
GPUMali-T860 MP2@520MHzMali-T860 MP2@650MHz
メモリーMemory Type:
LPDDR3 (Single Channel)
Memory Frequency:
667MHz
Max Memory Size:
4GB
Storage Type:
eMMC 5.1
Memory Frequency:
833MHz
カメラCamera ISP:
16MP
Recording FPS:
30
Camera Features:
ZSD and Dual ISP
ネットワークConnectivity:
Bluetooth,
Wi-Fi,
FM Radio,
GNSS
Mobile Data:
CDMA2000,
EDGE,
FDD / TDD LTE,
DC-HSPA +,
TD-SCDMA
LTE Category:
CAT-6
Specific Functions:
2x CA with capability for VoLTE, ViLTE, VoWiFi, RCS
Wi-Fi:
a/b/g/n

CPUは合計8コア。ARM Cortex-A53@1.5GHzが4コア、A53@1.0GHzが4コアの構成となっています。GPUはMali-T860 MP2。MT6750とMT6750Tがありますが、MT6750Tが若干ですがスペックが上の上位SoCとなっています。

MediaTek MT6750Tのベンチマークスコアなど

g07+は発売前なので、とりあえずMT6750Tを採用しているスマートフォンを確認してみます。…g07+はRAMが3GBなので、同じような条件のスマホを探してベンチマークなどをググってみました。

…と思ったら、Covia×gooブランドの無印g07がMT6750T+3GB RAMでしたね。AnTuTu Benchmarkだと4万2000~3000点前後となっているようです。またFREETEL RAIJINなどもRAM容量が多いですがMT6750T採用で同じようなスコアになっています。

スペックだけ見ると、g07+は国内SIMフリースマホとしてはアリかもしれない

スペックだけ見ると、MediaTekのSoCですがオクタコアCPUに3GB RAM、32GB ROMで税別2万円切りは国内で正規販売されるSIMフリースマホとしてはかなり頑張っている価格のように見えます。

g07→g07+でCDMA2000対応、またIGZO液晶パネルを新たに採用ということで、単純に基本仕様だけ見ると、よほど価格差が生まれない限りはg07ではなくg07+を購入する方が良いのかな、という印象です。g07+はGoosimsellerで購入可能になる予定なので、きになる方は公式サイトをチェック。

goo SimSeller

Gearbest GPD-Pocket-Laptop promotion