「Cube iWork8 Air」8インチ・デュアルOS搭載の中華タブ

CUBE iWork8 Airは、中華タブのCUBEブランドから発売された8インチのタブレット。

Windows 10とAndroid 5.1 Lollipopを搭載したデュアルOSのタブレットで、プロセッサーにはIntel Cherry Trail Z8300、2GB内蔵メモリ、32GBのストレージを搭載したモデルです。スペックはそれなりですが100ドルで購入できるコスパ面でのメリットがあります。

CUBE iWork8 Air、デュアルOS搭載の激安中華タブ

cube-iwork8-air-5

CUBE iWork 8 Airは、中華タブブランドCUBEから発売されたタブレット。Windows 10 + Android 5.1デュアルブートしながら価格は$100以下と、より低価格であることがポイントです。

CUBE iWork8 Airのスペック

MODELCUBE iWork8 Air
ブランドCUBE
OS Windows 10 + Android 5.1
ディスプレイ8インチ 1920*1200ドット IPS
プロセッサーIntel Atom X5 Z8300
RAM2GB RAM
ストレージ32GB eMMC ROM
外部メモリmicroSDカードスロット対応(最大32GB)
カメラリアカメラ 2MP
フロントカメラ 2MP
インターフェースTF card slot: Yes
Micro USB Slot: Yes
Micro HDMI: Yes
3.5mm Headphone Jack: Yes
バッテリー3.7V/3500mAh
Wi-Fi802.11b/g/n
Bluetooth対応
本体サイズ約21.30 x 12.70 x 0.98 cm
重量約314g
参照http://en.51cube.com/Product/672493149.html

Windows 10とAndroid 5.1のデュアルOS

OSはデュアルブートになっており、Windows 10とAndroid 5.1が両方使えるようになっています。

cube-iwork8-air-dual-boot-1

例えばGoogle Playストアが利用できるのでAndroidアプリをインストールすることができますし、Win10に切り替えてPCライクにも利用可能です。

8インチの高解像度ディスプレイ

CUBE iWork8 Airは8インチ・100ドル以下ながら1920*1200ドットの高解像度IPSディスプレイを搭載しているのがポイントで、動画視聴などには便利。

cube-iwork8-air-2-1

同じiWork8シリーズでは「Ultimate」と「Air」がありますが、ディスプレイ解像度はCUBE iWork8 Airの方が上です。価格にはそこまで差がないので、ディスプレイの綺麗さを気にするならAirを選択するべきでしょう。

Intel Atom Cherry Trail X5 Z8300

プロセッサーはIntelのCherry Trail Z8300。8インチタブレットとしては十分な性能といえるのではないでしょうか。

cube-iwork8-air-3-1

内蔵メモリが2GB、ストレージが32GB中華タブとしては少し非力な部類に入るかもしれませんが、その分低価格というコストパフォーマンス重視のモデルと言えるかもしれません。

microSDカードスロットは最大128GB対応

TFカード(microSDカード)スロットを搭載しており、容量は最大128GBまで対応しています。

CUBE iWork8 Airは本体ストレージが32GB、またOSもデュアルブートしているのでそんなに保存できる容量がないのですが、必要であればmicroSDカードを利用することができます。

CUBE iWork8 Airの実機レビュー

OGSスクリーンではないので若干のギャップがディスプレイでは目立ちます。

I/OインターフェースはmicroSDカードスロット、microUSBスロット、3.5mmイヤホンジャック、そしてmicro HDMIです。2016年後半に発売された大型の中華タブと比較するとUSBポートがなかったりするので、どちらかというとライト利用といった感じでしょうか。

Androidでは7.90GBの空き容量を確認。この辺りはデュアルブートOSなのでそこまで多くの内部ストレージはありません。AnTuTuベンチマークは59755点と、$100以下で購入できるタブレットとしては十分高性能です。

CUBE iWork8 Air まとめ

$100以下で購入できるタブレットとしてはディスプレイ解像度も高いですし、Intel Atom X5 Z8300をプロセッサーとして搭載しているので、ライトユーザー向けとしては十分なスペックを備えています。購入はこちらから。