「CUBOT Manito」$100以下のLTE対応スマホ

CUBOT Manitoは、Cubotブランドから発売されている5インチのAndroidスマートフォン。HD解像度のディスプレイとMediaTek MTK6737 クアッドコアCPUを搭載しておりエントリーモデルですが、3GB RAMなど注目ポイントもいくつかあります。

CUBOT Manito、$100以下のLTE対応スマートフォン

CUBOT Manitoのスペックは下記参照。

MODELCUBOT Manito
ブランドCUBOT
OSAndroid 6.0
ディスプレイ5.0インチ HD 1280*720
IPS
プロセッサーMediaTek MT6737 クアッドコア1.3GHz
RAM3GB
ROM16GB
外部メモリmicroSDカード対応
カメラリア:13MP
フロント:5MP
バッテリー2350mAh
SIMサイズmicro + nano
対応バンド2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 850/900/2100MHz
4G: FDD-LTE 800/1800/2100/2600MHz
Wi-Fi802.11b/g/n
Bluetooth4.0
本体サイズHeight : 144 mm
Width : 72.8 mm
Thickness : 8.95 mm
質量-
その他micro USB
参照http://www.cubot.net/smartphones/manito/

5インチのHDディスプレイを搭載しており、2.5Dスクリーンになっています。背面デザインは以前のXiaomi Redmi 3に近いかもしれません。

カラーはホワイト・ブラック・ゴールドの3種類。

プロセッサーはMediaTekの「MT6737」。クアッドコアCPUで1.3Ghzでエントリーモデルに搭載されるようなSoCですが、CUBOT ManitoはRAMが3GBとなっているので少し期待できそうです。

独立したmicroSDカードスロットを搭載しているのも特徴。最近はデュアルSIMでも排他利用の機種が多いので、これは好きな方もいそうです。

CUBOT Manitoはスペック的に買い?

執筆時点でCUBOT Manitoの価格は$80~$90前後。100ドル以下のコスパを考えるとありな気もしてきますが、この価格帯のスマートフォンではDOOGEE X9 ProDOOGEE Shoot 1などもう少し基本性能の高い機種がいくつかあります。

なので5インチというサイズ感が良い方、もしくは海外ECサイトの割引価格次第といったところでしょうか。価格は以下のサイトから比較してみましょう。