「DOOGEE S60」ワイヤレス充電にも対応のタフネス中華スマホ

doogee-mobile-s60

中国DOOGEE MobileはSシリーズでいくつかタフネス仕様のAndroidスマートフォンを発売していますが、「DOOGEE S60」もその一つ。

IP68に対応した防水防塵スマホで、大容量バッテリーやワイヤレス充電へのサポートが特徴のミッドレンジモデル。海外サイト他、Amazon.co.jpなどでも販売されています。

DOOGEE S60

doogee-mobile-s60

DOOGEE S60は、2018年初期時点でDOOGEE Mobileのタフネス・フラグシップモデルに位置付けられているAndroidスマートフォンです。以下スペック・基本仕様。

MODELDOOGEE S60
本体サイズWidth:81mm
Height:164mm
Thickness:15.5mm
カラーブラック、ゴールド、シルバー
OSAndroid 7.0
SoCMediaTek Helio P25
8コアCPU
Mali-T880 MP2 GPU
RAM6GB LPDDR4x
ROM64GB
外部メモリmicroSDカードスロット(最大128GB)
バッテリー5580mAh
12V2A急速充電
ワイヤレス充電対応
カメラリア 21MP SONY MIX230
フロント 8MP
ディスプレイ5.2インチ 1920×1080ドット(フルHD) IPS
SIMサイズmicro SIM + micro SIM
対応バンド2G:GSM: B2/3/5/8
3G:WCDMA: B1/2/5/8
4G:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
WiFiサポート
Bluetoothサポート
OTGサポート
その他GPS, G-sensor, Proximity sensor
参照http://www.doogee.cc/detail/ip68-rugged-smartphone/112

5.2インチのIPSディスプレイは1920×1080ドットのフルHD解像度。Corning Gorilla Glass 5を採用することによって耐傷性を高めています。

DOOGEE S50は後発なので、18:9のディスプレイやクアッドカメラの搭載などがありますが、DOOGEE S60の方はワイヤレス充電に対応していたり、NFCをサポートしていたりと違いがいくつか。

IP68防水防塵

まずは防水。IP68等級の防水防塵に対応。

ワイヤレス充電

12A/2Vの有線急速充電ですが、ワイヤレス充電もサポート。最近中華スマホでもちらほら見かけるようになったので、2018年はいくつかQi対応のスマホというのは見れるかもしれません。

MediaTek Helio P25 + 6GB RAM

プロセッサーはミッドレンジのMediaTek Helio P25。大容量メモリの6GB RAMを採用しており、価格も考慮するとミッドレンジとしては十分なスペックと言えるかもしれません。

Amazon.co.jpでも販売していますが、海外通販サイトの方が安値をつけていることが多いようです。