GearBest.comから中華スマホ/タブを輸入・購入するメリットとデメリット

中国・深センに本拠地を置くECサイト「gearbest.com」は、中華スマホやタブレットを安い価格で購入するには便利なウェブサイトです。例えばXiaomiやLeEco、OnePlusといった日本では正規販売されていないブランドのスマートフォンや、Onda / Teclast / CUBEなどのタブレットPCも格安で手に入ります。YiやElephone、SJCAMなどアクションカメラなどもありますね。

このような中華ガジェットの購入場所はECサイトによって価格が異なるのでBanggoodやAliExpress、eBayなどともプライスを比較して購入するのがベストですが、今回はGearBest経由でガジェットを輸入するメリット・デメリットや配送時間などを紹介していきます。

GearBestとは

logo-gearbest

gearbest.com」は、中国に拠点を置くECサイトです。日本では正規販売されていないガジェットの多くが安く購入できるようになっており、日本国内への配送にも対応しているので輸入サイトとして使えます。

公式サイト:GearBest

GearBestを利用するメリット

  • 日本で正規販売されていないガジェットが買える
  • 他の輸入サイトよりも安く買える場合が多い
  • 送料が安い
  • PayPalが使える

利用する最大のメリットは「とにかく安く海外ガジェットが購入できる」点にあります。例えばXiaomi、OnePlus、Meizu、LeEco、OPPOなど海外で人気のスマートフォンブランド、またタブレットではTeclast、CHUWI、Onda、CUBE、Jumper、VOYOなど激安のタブレットを安い価格で購入することができます。

2016-12-14-7-54-42

もちろんこれらのデバイスはAmazon.co.jpや楽天市場でも見かけることがありますが、業者が輸入 > 日本のECサイトで販売していることが多いので、どうしても販売価格が高くなってしまっていることが多いです。こういった場合に海外から直購入できるECサイトは便利で、gearbest.comもその一つ。現地の倉庫から送られてくるので業者を通さない中抜きの分安く買えますし、また送料も場合によっては無料なのでお得ですね。

クレジットカードで直接購入する必要はなく、PayPalを利用できるのもメリットです。基本的に海外ECサイトを利用するならせめてPayPalに対応しているECサイトを使いましょう。

GearBestを利用するデメリット

  • 配送が遅い場合もある
  • 公式ROMではない場合もある
  • サイトが完全に日本語対応ではない

対してデメリットももちろん存在します。まずはオーダーによっては「配送が結構遅い場合もある」ということです。通常の配送(Unregistered Air Mail:無料配送を選んだ場合)は、少し長めに見ておくと良いでしょう。(これは配送元の倉庫やDispatch(配送までの期間)が商品によって異なるで確認が必要です)。

2016-12-14-7-56-00

(例えばXiaomi Redmi Note 4をHK倉庫から購入する場合、Flat Rate Shippingで10-45 Business Daysと到着まで時間はかっこうかかります。対して有料のExpedited Shippingを利用すれば最短4~7 Business Daysで届くケースも)

また購入するガジェットによっては他サイトと比較して最安の場合もあれば、他のサイトよりも高い場合もあります。もしより安く購入したい場合は、Banggoodなど他のサイトもチェックしておくことをおすすめします。

サイトは日本語に完全対応していないので、英語が読めると便利です。ただし日本円表示などは対応しているので、この辺りは少し読めればほとんど問題ありません。

2016-12-14-7-34-52

(筆者は米ドル表示で利用していますが、必要であれば日本円での表示が可能です)

また購入ガジェットによってはメーカー公式ROMではないものもインストールされていることがあります。これは「ショップカスタムROM」とも呼ばれますが、これらをインストールしているのはいくつか理由があるようです。

中国版でGoogle Playがインストールされていないことや日本語のローケル情報をインストールしていない場合があるので、これらに対応するためにショップのカスタムROMを導入している場合など

つまりは簡単に使えるようにカスタムROMを焼いているということのようです。例えばXiaomiの機種なんかはそれにあたりますね。

(ただしInternational Edition(国際版)などが販売されている場合は、メーカーの公式ROMを搭載しているものもあります。例えば筆者が購入したものだと、Xiaomi Mi MAXのInternational Editionは公式ROMがインストールされていました。ただしInternationalの文字があるものでもXiaomi Redmi Proなどを確認した際はカスタムROMだったようなので、購入前にチェックしておくことをお勧めします。)

もちろんショップROMが導入されている機種でも、書き換えなどを使って公式ROMに書き換えることは可能なモデルも中にはあります。海外ECサイトからの輸入は、こういった部分も含めて納得できるかが重要になってきますね。

…ちなみにわからないことがあれば、画面上部の「LiveChat」から直接オペレーターに質問ができるようになっています。基本は英語ですが、ROMの話などは聞いてみると良いでしょう。

2016-12-14-7-49-12

(Live Chatでは英語で質問ができます(チャットサポートは販売スタッフという感じで、機種内部に関する情報などは調べるまで結構時間がかかる場合がほとんどですが)。チャットが終わったら登録したEメールに内容を送ることもできるようになっているので安心です。)

公式サイト:GearBest

GearBestの配送方法をチェック

gearbest.comにおける配送方法や到着時間もチェックしておきましょう。以下はカートに入れて購入する前の配送方法選択例です。まずはDispatchと配送時間を確認して見ましょう。

  1. Dispatchについて
  2. Unregistered Air Mail (トラッキング不可/遅い)
  3. Registered Air Mail (トラッキング可/遅い)
  4. Priority Line (トラッキング可/早い)
  5. Expedited Shipping (トラッキング可/早い)
  6. (追加で)Shipping Insurance (配送保険)

配送時間の目安はDispatch + Estimated Shipping Time

2016-12-14-9-54-28

はじめに説明しておきたいのは、配送の目安とされている期間「Estimated Shipping Time」は、Dispatch(Gearbestの配送準備ができて発送されるまで)を含めていないです。したがって、基本的には、

  • Dispatch Date + Estimated Shipping Time

の合計がオーダーしてから到着するまでの目安。例えばDispatchがオーダーから3日かかり、Estimated Shipping Timeが10-25 Business Daysなら、オーダーが完了してから3日+10~25日営業日を目安にしておく必要があります。

なので通常配送 (Unregistered Air Mail / Registered Air Mail )をする場合には、長くて1ヶ月程度は見ておく必要はあるでしょう。もちろんそれより長くなる場合もあります。

Unregistered Air Mail / 追跡(トラッキングナンバー)なし

2016-12-14-8-24-52

配送国内は追跡OK、日本へ到着してからはトラッキングが不可。もし選択可能であれば、下記で紹介する、追跡できる方法をおすすめします。

Registered Air Mail / 追跡OKだが遅い

2016-12-14-8-25-03

発送国、日本国内共に追跡可能なのがRegistered Air Mail。ただしこちらも配送期間は長いので、より早く、ということであればPriority LineかExpedited Shippingがおすすめ。

Priority Line / 追跡OK+安い+早い

2016-12-14-8-25-15

上記の例のように、「Priority Line」が使える場合はこちらが配送が早くて便利です。国内外の追跡/トラッキングもOKなので、Priority Lineが利用できるならこちらを利用した方が早く届く可能性があります。

Expedited Shipping / DHL, UPS その他, 一番早い

2016-12-14-8-25-23

Expedited Shippingは、いわゆる「高速配送」です。DHLやUPSを利用して、より早く配達してくれるのでおすすめ。早めに届けて欲しい場合はPriority LineかExpedited Shippingを利用するのがおすすめ

ただし場所によっては追加でremote shipping feesが$30かかる場合もあります。これが所謂「Remote Area」に届ける場合。例えば筆者の住んでいる場所は田舎なので、DHLと選ぶと追加で$30が発生。

Remote AreaはDHLの公式サイトからチェックすることができますが、基本的にGearBestでDHL利用+$30発生する場合は、公式サイトの「My Tickets」欄に「Please confirm your shipping method for your gearbest order.」というメッセージがきます。30ドルかかってもDHLを利用したい場合はここから必要情報を返信し、その後くるPayPalの請求で30ドル支払えばOKです。もちろん30ドルかかるのが嫌ならFlat Rate Shippingに変更することも可能。

  1. Go on and ship by DHL / DHLを使う
  2. Ship by flat rate shipping / 通常配送に戻す

この辺りは住んでいる地域に応じて使い分けるのがベストです。筆者の場合は遅くても良いものはFlat Rate、すぐに届いて欲しいものは追加30ドルがかかってもExpedited Shippingを選択しています。

Shipping Insurance / 保険をかける

2016-12-14-8-27-43

一番下にある「Add Shipping Insurance to your order」にチェックを入れると、オーダーした商品が届くまでの保険をかけることができます。

To get a safe delivery ,we recommend customer pay tracking fee and insurance for the order. Buying insurance guarantees your shipment. In the event of verified shipping damage/loss, GearBest will resend an identical parcel for free of charge.

例えば配送で本体が傷ついたとか紛失してしまったという場合に、無料で再配送してくれるというサービスですね。例えばスマホケースなど10ドル以下のものは使わなくても良いかもしれませんが、スマートフォンやタブレット本体など少し高額になるものは配送保険をかけておいた方が良いでしょう。

 配送状況によって届く期間は様々

通常配送、Priority Line、またDHLなどを利用しての高速配送などを選択できることを紹介しましたが、これらは海外ECサイトからの直購入なので「あくまで目安」というのは覚えておくべきでしょう。

例えば筆者がより早いDHLでの配送を希望した時の話ですが、結局オーダーしてから合計で25日程度かかった時があります。ちなみにこの時はDHL配送+追加$30かかりました。

2016-12-14-9-18-10

(オーダーからDispatchまでの期間も計算すると、合計25日程度かかった例。Remote Areaは追加30ドルでそのまま配送するか通常配送に戻すか選んでから発送準備になるので、その分の日数も含めて25日程度です。ほとんどは予定日程前後で届くのですが、こちらのケースは例外として紹介しています。)

上記例の場合は「30ドル追加払いの確認+Dispatchまでの日数+gearbestでは関与できない部分での配送遅れ」が重なって結構日数がかかったのですが、稀にこういったケースもあります(こちらのケースでは目安配送より明らかに遅かったので、LiveChatで問い合わせて30ドル分はPayPalに返金してもらいました)。

なので、国内ECサイトのように確実な日数で届く可能性というのは、海外ECサイトなのでまちまちです。もちろん他の海外ECサイトでも共通した部分はあるので、この辺りの細かい部分をいちいち気にしない、というのは重要かもしれませんね。

GearBestの返品・返金 / 修理 / 保証 / 送料

  • 届いてから3日以内の初期不良保証
  • 45日間の返金保証
  • 1年間の修理保証

いくつか保証されている部分もあります。例えば届いてからすぐの初期不良(3日)や返金保証(45日)、1年間の修理保証などです。ただしファームウェアの書き換えまたはデバイスをルート化した場合などは修理の対象外となったり、返送料は自己負担だったりと、結構面倒です。

製品に関する初期不良、返金、修理対応に関しては、気になる方は購入前にLiveChatやメールで問い合わせることをおすすめします。この辺りのサポート内容で詳しい情報が必要なら、LiveChatで問い合わせるか「support@gearbest.com」へ直接メールしてみてください。

GearBestのメリット・デメリット・配送まとめ

  1. 海外ECサイトから日本で正規販売されていない海外ガジェットを安く購入できる
  2. 海外ECサイトを利用する上で細かい部分に納得できるかは重要

購入時の配送など細かい部分はありますが、一度覚えてしまえば使うのは簡単なウェブサイトで、特に中華スマホ/タブレットやPCサプライを購入する上では価格も十分安くて便利なのがgearbest.comです。公式サイトは以下からチェックしておきましょう。

公式サイト:GearBest