Gionee A1 / A1 PlusがMWC2017で発表。バッテリー/カメラ強化の2モデル

バルセロナで開催されたMWC2017で「Gionee A1」「Gionee A1 Plus」が発表されました。最近M2017という高価なスマートフォンを発売しましたが、今回のA1とA1 Plusはセルフィー重視・大容量バッテリーのモデルとなっています。


Gionee A1のスペック

  • Android 7.0 Nougat
  • 5.5インチ フルHD AMOLED
  • MediaTek Helio P10 オクタコアCPU
  • 4GB RAM
  • 64GB ROM
  • 外部メモリ:microSDカード対応
  • リアカメラ:13MP
  • フロントカメラ:16MP
  • バッテリー:4100mAh
  • WiFi:2.4GHz/5GHz
  • Bluetooth:サポート
  • 発売予定価格349EURO

USB Type-Cポートを採用しており、helio P10という以外はアッパーミドルレンジのスペックとしては十分かもしれません。

Gionee A1 Plusのスペック

  • Android Nougat
  • 6インチ フルHD AMOLED
  • 4GB RAM
  • 64GB ROM
  • microSDカード対応
  • MediaTek helio P25
  • 4550mAhバッテリー
  • リアカメラ:13MP+5MP(デュアル)
  • フロントカメラ:20MP

よりスペックもサイズも大きくなっているのがGieonee A1 Plus。6インチとディスプレイサイズが大きく、フロントシューターには20MP、リアカメラはデュアルレンズを採用しています。

今回発表されたGionee A1 / A1 Plusは、カメラと電池持ちを重視しつつも、A1 Plusはデュアルカメラを搭載するなど仕様は異なります。