「Gionee M2017」7000mAh超大容量バッテリー搭載だけどお値段10万円以上の中華スマホ

GioneeブランドからプレミアムなAndroidスマートフォン「Gionee M2017」が発表。お値段10万円以上とスマートフォンではかなりプレミアムなモデルになっており、5.7インチのAMOLED 2Kディスプレイ、7000mAhの超大容量バッテリーを搭載しています。

128GBモデルと256GBモデルが存在し、価格は6999元から。日本円でいうと12万円近い高級モデルとちょっとだけチェックしておきます。

Gionee M2017

中国Gioneeから高級スマートフォン「Gionee M2017」が登場。10万円以上とAndroidの中でもかなり高級モデルとなっています。スペックは以下の通り。

MODELGionee M2017
ブランドGionee
OSAndroid 6.0 / amigo 3.5
プロセッサーQualcomm Snapdragon 653
カラーゴールド / ブラック
本体サイズ155.2mm*77.6mm*10.78mm
重量238g
素材メタル+革素材
カメラリア:12MP+13MPデュアル
フロント:8MP
ディスプレイ5.7インチ 2560*1440 On-cell
AMOLED
対応バンド2G GSM:B2/B3/B5/B8
2G CDMA: BC0(800MHz)
3G CDMA2000: BC0(800MHz)
3G TD-SCDMA:B34/B39
3G WCDMA:B1/B2/B5/B8
4G TDD-LTE:B38/B39/B40/B41
4G FDD-LTE: B1/B3/B4/B7/B8/B26(B5)
4G+ TDD-LTE:
DL CA:B39+B41/B39+B39/B38+B38/B40+B40/B41+B41
UL CA:B39+B39 /B40+B40/B41+B41
4G+ FDD-LTE: DL CA:B1+B3 /B3+B3/B7+B7
SIMサイズnano + nano
RAM6GB
ROM128GB
バッテリー7000mAh リチウムポリマー
Bluetooth4.0
USBType-C 2.0
Wi-Fiサポート
OTGサポート
センサージャイロ/光/重量/近接/電子コンパス/コンパス
参照http://z.gionee.com/details-pc/m2017/params.html

5.7インチ, 2K, AMOLEDディスプレイ

ディスプレイは5.7インチで2560*1440(518ppi)と高解像度になっています。AMOLEDとなっており、両サイドは若干カーブを描いたスクリーンです。

実機レビューはまだ動画がほとんどありませんが、上記レビューではそのデザインが確認可能です。

Qualcomm Snapdragon 653 + 6GB RAM

少し残念なのがプロセッサーがSnapdragon 653といったところでしょうか。現状Snapdragon 820 / 821を搭載した他社フラグシップモデルがもう少し安いだけに少し残念かもしれません。

スナドラ653はA72*4 + A53*4のオクタコアCPUで、クロックスピードは最大1.95GHz。GPUはAdreno 510で、性能的にはミドルハイといったところ。

プロセッサー自体の基本スペックが8GBまで対応しているようなので6GB RAMもしっかり使えるかとは思いますが、10万円越えのAndroidスマートフォンならSnapdragon 820/821は搭載してほしいというのが正直なところではないでしょうか。

ちなみに内蔵ストレージは128GBとAndroidスマートフォンではかなり多めになっています。

7000mAh超大容量バッテリー

一番の注目ポイントは7000mAHの超大容量バッテリーでしょう。通話26時間、動画32時間、待受912時間という驚異の電池持ちになっています。

3日の電池持ちを謳うスマートフォンが国内ではいくつか発売されていますが、Gionee M2017の7000mAhバッテリーなら普通に使ってもリアルに2日~3日は持ちそうですね。

また大容量バッテリーですが、Qualcommの「Quick Charge 3.0」にも対応しています。急速充電に対応している点は、大容量バッテリーのスマホを扱う上で重要なポイントと言えそうです。

背面のデュアルカメラ

背面カメラは12MP + 13MPのデュアルレンズを採用。2倍光学ズームに対応しており、デジタルズームでは8倍まで対応しているようです。F1.7でカメラ性能にも注目です。

Gionee M2017、超大容量バッテリーの高級Androidスマホまとめ

超高級スマートフォンといったジャンルは値段もピンキリですが、Gionee M2017は6999人民元、日本円にして11万~12万円程度となんだか手が届きそうな価格ではあります。

スナドラ653以外はAMOLED2Kディスプレイに7000mAhバッテリーと注目ポイントも多いのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

Source : z.gionee

Gearbest GPD-Pocket-Laptop promotion