GPD WIN 2がIndiegogoで受付開始、599ドルの1000台が瞬殺に

GPD(GamePad Digital)の新モデル「GPD WIN 2」がIndiegogoで出資受付を開始

通常価格は899ドルとなる予定のようですが、今回のクラウドファンディングで出資をすると300ドルOFFの「599ドル」となり、問題なければ2018年5月には出荷予定。

実は初期の受付が1000台分となっていたのですが、すでに1000台分バッカー支援が完了しているようです。瞬殺ということで、強化されたスペックとともに、注目度の高さがうかがえます。

GPD WIN 2、Indiegogoでの初期1000台分が瞬殺

以前から2018年1月15日よりIndiegogoでのクラウドファンディング開始を予告していたGamePad Digitalの「GPD WIN 2」ですが、599ドルとなる初期バッカー分の1000台が瞬殺となっています。

プロトタイプステージでのスペックは以下の通り。初代GPD WINから全面的に設計を見直したGPD WIN 2はそのスペックも高くなっており、プロセッサーはIntel “kaby Lake” Core M3-7Y30にパワーアップ。

MODELGPD WIN 2
CPUIntel Core M3-7Y30
GPUIntel HD Graphics 615
ディスプレイ6インチ 16:9
H-IPS Technology
1280×720ドット HD
メインメモリ8GB
LPDDR3-1866
ストレージ128GB M.2 SSD
本体サイズ 162×99×25mm
ボディABS + アルミニウム
バッテリー2×4900mAh
(6~8時間駆動)
参照https://www.indiegogo.com/projects/gpd-win-2-handheld-game-console-for-aaa-games-laptop/x/18014426#/

なお上記スペックはプロトタイプステージのものとなっており、変更される可能性もあるにはあります。

Indiegogoのファンディング・ページで詳細が紹介されており、Youtubeチャネル(The Phawx)ではいくつかの実機デモ・レビューも公開されていたりします。気になる方は見ておくと良いかもしれません。