「HOMTOM HT20 Pro」タフネス防水・LTE対応スマホのスペック強化版が登場

IP68等級の防水に対応した中華スマホ「HOMTOM HT20 Pro」が新登場。以前発売されたHT20のスペック強化版で、4.7インチのHDディスプレイ、MediaTek MT6753 オクタコアCPU、3GB RAMに32GB ROMを搭載しています。

HOMTOM HT20 Pro、防水対応のタフネススマートフォン

HOMTOM HT20 Pro」は、以前発売されたタフネススマホ「HT20」のスペック強化版。基本性能は以下の通りです。

スペック

MODELHOMTOM HT20 Pro
ブランドHOMTOM
OSAndroid 6.0
ディスプレイ4.7インチ HD
Corning Gorilla Glass
プロセッサーMediaTek MT6753 オクタコア .13GHz
RAM3GB RAM
ROM32GB ROM
外部メモリmicroSDカード対応
(最大64GB)
カメラリア:13MP(SW16MP)
フロント:5MP(SW8MP)
バッテリー3500mAh
Wi-Fi802.11b/g/n
Bluetooth4.0
ネットワークmicroSIM+microSIM

2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 900/2100MHz
4G: FDD-LTE 800/1800/2100/2600MHz
本体サイズ約15.20 x 7.60 x 1.29 cm
重量約222g
防水IP68
その他360度認証の指紋センサー

防水・タフネス仕様が売りの機種だけあって、本体サイズは約12.9mmの厚み(別サイトでは13.6mm)とかなり厚めです。

IP68等級の防水仕様

HOMTOM HT20 Proのセールスポイントは「IP68等級の防水性能」。他にも防塵性能や耐衝撃性能をアピールしている機種で、この辺りの特徴はベースモデルのHT20と同じです。ディスプレイにはGorilla Glassを採用するなどタフネス性をアピールしています。

MediaTek MT6753 オクタコアCPU+3GB RAM採用

プロセッサーにはMediaTekの「MT6753」を採用。オクタコアCPU、最大1.3GHzとなっており、RAMも3GBと初代HT20と比較してHT20 Proはパワーアップしているのが分かります。

HT20 ProHT20
MediaTek MT6753
オクタコアCPU
1.3GHz
MediaTek MT6737
クアッドコアCPU
1.3GHz
3GB RAM2GB RAM
32GB ROM16GB ROM

初代HT20のMT6737、2GB RAM、16GB ROMという基本スペックは2017年では$100以下の中華スマホにも多くあるようなスペックなので、このあたりがパワーアップしてより実用的な性能を搭載している点は注目です。

3500mAhの大容量バッテリー

初代から継承した点としては、3500mAhの大容量バッテリーがあります。ちなみにディスプレイが4.7インチなので、対画面サイズで言えばかなりの大容量。ただし先述のように今時のスマートフォンにはない厚みもあるので、このあたりはトレードオフと言えそうです。

HOMTOM HT20 Proまとめ

パワーアップしスペックがより実用的になったHOMTOM HT20 Pro。タフネス仕様の中華スマホもそんなに多くはないですし価格も$150程度とお得なので、きになる方は購入サイトをチェック。

HOMTOM HT20 Pro

Gearbest GPD-Pocket-Laptop promotion