honor 9(仮)がTENNAに登場。背面カーブデザインを採用か

HUAWEIオーナーブランドの新モデルとみられるHonor 9(仮)のスペック情報がTENNAからリーク。型番は「STF-AL10」で、背面の左右はデュアルカーブ、上部にデュアルカメラ、またhonorのロゴも確認できます。カメラは12MP+20MP、また8MP(フロント?)となっており、CPUは8コアの最大2.4GHz(Kirin 960 ??)。このスペックになっていることから、honor 8の後継機種である可能性は高そうです。

追記:Honor 9が正式発表されました。

HUAWEI honor 9 ? STF-AL10がTENNAからリーク

HUAWEIの新モデルと予想される「STF-AL10」がTENNAからリーク。背面デザインでhonorブランドであることがほぼ確定で、背面はhonor 8にはなかったデュアルカーブドエッジなどが確認できます。

ここの情報から判明しているスペックは以下の通り。

  • Android 7.0 Nougat
  • プロセッサー:8コアCPU @ 2.4GHz
  • 6GB RAM
  • 64GB ROM
  • 12MP+20MPメインカメラ
  • 8MPフロントカメラ

Honor 8がカメラ性能で高評価だったことから当然後継機であるhonor 9(仮)にも期待しておきたいところですが、気になるのはプロセッサーの部分。8コアのCPU、また最大クロックスピードは2.4GHzになっているようで、これに該当するHUAWEI系のSoCだと「Kirin 960」が該当します。

そうなるとGPUもMali- G71になるわけで、これが実現すればかなり高性能な機種、基本仕様はHUAWEI Mate 9に近い高性能モデルになるのではないかと予想しています。

Source : TENNA