HUAWEI honor 8のAnTuTu Benchmarkスコア計測・レビュー

HUAWEI honor 8のAnTuTu Benchmarkスコアをチェック。オクタコアCPU採用Kirin 950をプロセッサーに搭載したhonor 8ですが、普段使いには十分なスペックとスコアで好感触です。なお日本(楽天モバイル)では4GB RAM/32GB ROMですが、今回テストしたのは海外版の4GB RAM/64GB ROMモデルです。Android 6.0のEMUI 4.1。なお端末はgearbest.comからサンプル提供を受けてのレビューとなります。


honor 8のAnTuTu Benchmark(v6.2.7)

今回honor 8でAnTuTu Benchmarkテストを行なった条件は以下の通り。

  • honor 8 (FRD-L19)
  • Kirin 950 オクタコア(2.3GHz×4 + 1.8GHz×4)
  • 4GB RAM / 64GB ROM
  • Android 6.0 / EMIUI 4.1
  • AnTuTu Benchmark Version 6.2.7

スコアは以下のようになりました。

  • 総合: 88947
  • 3D:16635
  • UX:34576
  • CPU:31565
  •  RAM:6171

アッパーミッドレンジではスペックも十分。EMUI 5にアップグレードで使いやすく

筆者のhonor 8はまだAndroid 6.0 / EMUI 4.1のままですが、国内モデル(楽天モバイル販売モデル)はAndroid 7.0 + EMUI 5.0にアップデートが可能となっている状態です。

個人的に使いにくいと感じていたappドロワーのないホーム画面や通知センターの使い勝手がEMUI 5によってかなり使い安くなっているので、ベンチマーク結果は軽めのゲームやSNSなどヘビーユース出ない限りは十分なので、カメラ性能や価格も考えるとコストパフォーマンスの高いモデルに仕上がっているように思います。日本国内・海外でコスパの高いアッパーミッドレンジのスマホとして人気を集めていたのも頷けますね。

その他ベンチマークテストの結果は別記事でまとめています。