【IDC調査】2017年Q4のスマホ出荷台数でHUAWEI、Xiaomi、OPPOの中国系ブランドが5位以内に

IDCが2017年Q4の世界市場におけるスマートフォン出荷台数データを公開。Apple、Samsungが1、2フィニッシュとなっていますが、3位にHUAWEI、4位にXiaomi、5位にOPPOと、中国系のスマートフォンブランドが3つ5位圏内に名を連ねています。

2017年Q4のスマホ出荷台数調査、5位以内にHUAWEI、Xiaomi、OPPOがランクイン

IDC調査による、2017年Q4の世界スマートフォン出荷台数ランキングが公開。順位は以下の通り。

  1. Apple
  2. Samsung
  3. Huawei
  4. Xiaomi
  5. OPPO

2016年Q4比で見ると、Xiaomiが大きく市場シェアを伸ばしているのが分かります。シャオミは特にIndia(インド)やその他海外マーケットにも力を入れており、最近は良いニュースばかり聞くので、まあ復活したということなのかもしれません。

2017年のクォーターごとUnit Maket Shareをみて見ると、AppleがQ4で持ち直しており、これは新型iPhoneの影響が大きいかと。中国勢はHUAWEI、OPPOが横ばいで、Xiaomiが伸びています。

2017年通年のデータを見ると、Samsungが出荷台数、マーケットシェア共にトップ。Appleがそれに続きます。

3位のHUAWEI、4位のOPPOも2016年比でShipment Volが増えているものの、やはりXiaomiの復活が大きく見え、海外市場での拡大戦略が成功していると言えるのかもしれません。

HUAWEIに関しては直近のニュースでUSキャリアでの取り扱いが…ということもあるので、今後どのように大きくシェアを獲得に動くのかは気になるところです。

Source : IDC

シェア

フォロー