Jumper EZpad 6 Plus、キックスタンド採用の2-in-1 中華タブレットPC

Jumper-ezpad-6-plus

Jumper EZpad 6 Plusが発売。WIndows 10 Homeを搭載したJumperブランドの新モデルで、以前はスペックを抑えた無印EZpad 6、よりスペックの高いEZpad 6 Proなどがありましたが、EZpad 6 PlusはIntel Celeron N3450を搭載し、さらに背面にキックスタンドを採用した2-in-1のタブレットPCとなっています。価格は260ドル程度。

Jumper EZpad 6 Plus

「Jumper EZpad 6 Plus」は、キックスタンドを搭載したWindows 10 Home搭載の中華タブレット。所謂Surface系のタブレットPCですが、キーボードは別売りとなっています。

Jumper-ezpad-6-plus

プロセッサーはIntel Apollo Lake世代のCeleron N3450、4GBのメインメモリ、64GBの内臓ストレージを搭載。なので内部スペック的にはEZpad 6 Proと似たような基本仕様ということになります。

Jumper-ezpad-6-plus

ディスプレイはフルHDの11.6インチ、IPSスクリーンを採用しており、約178度のワイドビューアングルに対応しているとのことです。

Jumper-ezpad-6-plus

タブレットPCかつキックスタンドを搭載しているので、様々な使い方が提唱されています。Sofa Modeは経験上キックスタンドで結構厳しい気はしますが、キーボードを取り外しても使えますし、キックスタンドで立て掛けても使えるので、多くの利用方法がありそうです。

Jumper-ezpad-6-plus

インターフェースはUSB 3.0、micro USB、micro HDMI、DC充電ジャック、ヘッドフォンジャックなど。販売サイトのスペック上ではTFカードスロットも搭載の記載があります。

Jumper-ezpad-6-plus

他サイトでも販売されていますが、Geekbuyingでキーボード付きモデルが258.99ドルと安く販売されているので確認。

購入:Geekbuying – Jumper EZpad 6 Plus(キーボード付)

MODELJumper EZpad 6 Plus
OSWindows 10 Home
ディスプレイ11.6インチ IPS
1920×1080ドット
プロセッサーIntel Apollo Lake
Celeron n3450
RAM6GB DDR3L
ROM64GB eMMC
カメラ2MPフロント
ポートUSB 3.0
Micro USB
イヤホンジャック
microSDカードスロット
micro HDMI
DCジャック
バッテリー約9000mAh
Wi-Fi2.4GHz
Bluetooth4.0
本体サイズ約297×183×10.4mm
重量約950g