「LEAGOO T10」5.7インチ、10コアCPU搭載のLTE対応ファブレット

LEAGOO T10は、中華スマホのLEAGOOブランドから発売されたAndroidスマートフォン。5.7インチの大画面フルHDファブレットとなっており、プロセッサーにはMediaTekの10コアCPU搭載プロセッサーHelio X20を採用。2016年後半に発売された新モデルで、旧モデルのLEAGOO M8から大きくステップアップしたスペックが特徴です。

LEAGOO T10、10コアCPU+大型スクリーン搭載ファブレット

LEAGOO T10は、2016年後半に発表されたAndroid搭載のスマートフォンです。5.7インチの大画面ディスプレイを搭載しており、同じサイズで以前発売されたM8から大きく向上したスペックが注目ポイント。

LEAGOO T10のスペック

MODELLEAGOO T10
ブランドLEAGOO
OSAndroid 6.0 Marshmallow
(LEAGOO OS 2.1)
ディスプレイ5.7インチ IPS
1920*1080 フルHD 368ppi
プロセッサーMediaTek Helio X20
(MT6797) 最大2.0GHz
10コアCPU
本体サイズ154.8*79.9*7.5mm(L×W×H)
RAM4GB
ROM32GB
外部メモリmicroSDカードスロット
(最大128GB)
カメラリア:13MP, PDAF, デュアルフラッシュ
フロント:13MP, フラッシュ
Wi-Fiサポート
Bluetooth4.1
SIMカードデュアルSIM
(micro + nano)
対応バンドVer.E
4G FDD-LTE 800/900/1800/2100/2600
3G WCDMA 900/2100
2G GSM 850/900/1800/1900
バッテリー3500mAh
その他USB Type-C, 指紋認証センサー
参照http://www.leagoo.com/en/mobile/T_Series/T10.html

大画面フルHDディスプレイ

まずは5.7インチのディスプレイに注目。解像度はフルHDとなっており、強化ガラスのGorilla Glass 4を採用しています。丸みのある2.5Dガラスとなっていて、シンプルなデザインに。

7.5mmのスリムボディ

M8は8.8mmとかなり分厚いスマートフォンだったのですが、T10は公称約7.5mmと薄型ボディになっています。背面パーツはメタル素材を採用している部分にも注目。

MediaTek Helio X20 (MT6797) 10コアCPU

プロセッサーはMediaTekのhelio X20。10コアCPUを搭載した高速SoCで、各種ベンチマークテストでも高いスコアを叩き出しているチップセットです。MediaTek Helio X20の詳細は以下の記事を参照。

参考:MediaTek helio X20の詳細

AnTuTu Benchmark

LEAGOO公式サイトにはAnTuTu Benchmarkのスコアが掲載されており、10万点以上としています。以前Redmi ProのHelio X20モデルをレビューした時も8万5000点以上を記録していたので、低価格のスマートフォンに搭載されるSoCとしては十分すぎるパワーがあります。

13MPのDPAF対応カメラ

背面カメラは13MPでPDAF対応。高速でのオートフォーカスを可能としており、フロントカメラも13MPなのでカメラ性能にも期待です。

3500mAh大容量バッテリー

バッテリー容量は大型3500mAhを搭載。5.7インチのFHDと消費電力は多そうですが、それを補うバッテリーサイズです。

LTE通信にも対応

T10とM8の決定的な違いは、T10はLTE通信にも対応していることです。まずは対応バンドを確認。

Ver.E
4G FDD-LTE 800/900/1800/2100/2600
3G WCDMA 900/2100
2G GSM 850/900/1800/1900

LTE対応バンドを見ると、日本ではBand 1、band 21、その他周波数帯もカバーしているようです。3Gもband 1/8あたりをカバーしている周波数帯とみることができるので、3G/GSM専用端末だったM8と比較すると運用の幅がかなり広がっています。LEAGOO自体ターゲットとしているユーザー層もあってか3G端末もそこそこ多かったりするのですが、LTEに対応しているのはメリットですね。

LEAGOO T10まとめ

2017年1月前半の時点では海外ECサイトにもまだ商品ページが出てきておらず、Youtubeなどにも動画レビューがまだない状態です。スペック自体は最近の中華スマホにおけるミドルハイクラスのスマートフォンといった仕様になっているので、発売後は注目しておきたい機種ですね。