「LEAGOO Venture 1」皮デザインが特徴のビジネス・スマホ

LEAGOO Venture 1」は、中華スマホブランドのLEAGOOから発売されたビジネス向けのAndroidスマートフォンです。中華スマホですがセキュリティを重視している端末となっており、ビジネスとプライベートでOS(アプリ)を使い分けたりといったことが可能に。

皮をあしらった独特のデザインも特徴。4G(LTE)対応のスマートフォンですが価格も安いので詳細を簡単に確認してみます。


LEAGOO Venture 1、中華だけどビジネススマホ

ビジネス利用をターゲットにした少し独特なAndroidスマートフォンがVenture 1。特徴はそのデザインだけでなく、OSやUI、アプリ利用の面でも注目ポイントがいくつかあります。まずは基本仕様とスペックを確認。

スペック

MODELLEAGOO Venture 1
ブランドLEAGOO
OSLEAGOO Sec OS 1.0(Android 5.1)
ディスプレイ5インチ IPS
1280*720 HD, 368ppi
プロセッサーMediaTek MT6753
オクタコアCPU, 最大1.3GHz
RAM3GB
ROM16GB
microSDカードスロットあり(最大128GB)
カメラリア:13MP
フロント:8MP
バッテリー3,000mAh
Wi-Fi対応
Bluetooth4.0
SIMサイズmicro + nano SIM
対応バンドVer.E
4G FDD-LTE 800/900/1800/2100/2600 (Band 1,3,7,8,20)
3G WCDMA 900/2100
2G GSM 850/900/1800/1900
Ver.A
4G FDD-LTE 700/850/1700/1900/2600 (Band 2,4,5,7,17)
3G WCDMA 850/1900/2100
2G GSM 850/900/1800/1900
本体サイズ148.5*71.8*11.1mm(L×W×H)
重量N/A
参照http://www.leagoo.com/en/mobile/V_Series/Venture1.html

皮とメタルの独自デザイン

まず目を引くのは、独特の本体デザインです。皮素材とメタルを採用した本体デザインで、カラーは「ブラウン」と「ブラック」、そして明るい赤色が目を引く「レッド」の3色展開。

素材にこだわりがある部分は、大人の雰囲気を感じさせるデザインになっています。…好みは分かれるでしょうね。

バンクレベルのセキュリティチップ

ビジネス利用を意識したスマートフォンということで、Venture 1はセキュリティにも力を入れているようです。バンクレベルのセキュリティチップによって大切な情報を守ります。背面には指紋認証センサーを搭載しており、ハードウェア面、ソフトウェア面の両方で強化しているのが分かります。

デュアルOS+デュアルアプリで使い分け

ソフトウェア面で面白いのが、デュアル Secure OS。デュアルOSというよりは「プライベート用とビジネス用で使い分けができる」といった機能です。最近はこういったカスタマイズが入ったスマートフォンも多いですね。

アカウントだけでなくアプリもデュアルで使えるのが特徴。これらはXiaomiのMIUIに採用されたデュアルアプリ機能と似たような感じです。・・・セキュリティとアカウント・アプリの使い分けがVenture 1を使う面白さかもしれません。

MediaTek MT6753 オクタコアプロセッサー

Runs in galaxy speedはさすがに言い過ぎですが、MediaTekのMT6753オクタコア・プロセッサーを搭載していることもアピール。最大1.3GHzなのでそこまで高速というわけではないのですが、MT6753なら普段利用のSNSアプリなどはほとんど快適に使えるかと思います。

AnTuTu Benchmarkは37176点。ミドルレンジの少し下といったところでしょうか。他のスコアも仕様通りといった結果になっているのが確認できたので、普段の利用には十分使えそうです。

ナノ防水・耐衝撃・Gorilla Glass 4採用

見逃してはいけないのが耐久性の部分。LEAGOO Venture 1はナノ防水、耐衝撃性能を備えるとしており、この辺りもビジネス利用でガンガン使うにはプラスポイント。ただ性能に関しては詳細が記載されていないので何とも言えない部分はあります。

Gorilla Glass 4を採用しているのもグッド。100~200ドル台の中華スマホだと良くてもGorilla Glass 3を搭載している機種が多いのですが、LEAGOOブランドのスマートフォンはGorilla Glass 4を採用しているモデルが多い(T10T1 Plusなど)のは良いですね。

13MPのオートフォーカス付きカメラ

背面13MPのソニーカメラ(センサー?)を採用しているようで、フラッシュとAF機能も搭載しています。フロントカメラ8MP。こればかりは使ってみないと何とも言えません。

LEAGOO Venture 1まとめ

動画レビューを見る限りライトゲームはしっかり動作しているようですし、セキュリティ面やデュアルUI/デュアルアプリが使える部分は面白いです。本体価格も150ドル前後と激安でLTE通信にも対応しているので、気になる方は購入サイトをチェックしてみましょう。