helio x20でおそらく最安「LeEco 2 X620」のコスパがすごい

LeEcoといえば821を搭載したフラグシップモデルを米国で発売しましたが、ミドルレンジのスマートフォンも異次元にコストパフォーマンスが高いです。今回紹介する「LeEco 2 X620」は、16GB ROMモデルならhelio P20搭載で約$130と激安。

microSDカードスロットには非対応なので非常に惜しい機種なのですが、スペックを簡単にチェックしてみたいと思います。

LeEco 2 X620、MediaTek Helio X20搭載でおそらく最安のAndroidスマホ

Helio X20 (MT6797) といえば10コアCPUを搭載したスマートフォンで、中華スマホを始め国内でもFREETEL KIWAMI 2に使われたりと性能もそこそこ快適なプロセッサーです。そんなhelio X20を採用しながらも、$130まで価格が下がっているのが「LeEco 2 X620」の16GBモデル。

MODELLeEco Le 2 X620 (16GBモデル)
ブランドLeEco (LeTV)
OSAndroid 6.0 Marshmallow
ディスプレイ5.5インチ FHD
プロセッサーMediaTek helio X20
(MTK6797 10コアCPU)
RAM3GB RAM
ROM16GB ROM(別モデルもあり)
外部メモリmicroSDカードスロット非搭載
カメラリア16MP
フロント8MP
バッテリー3000mAh
SIMnano + nano SIM
対応バンド
周波数帯
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 850/900/1900/2100MHz
4G: FDD-LTE 1800/2100/2600MHz
Wi-Fi802.11b/g/n
Bluetooth4.0
本体サイズ15.11 x 7.41 x 0.77 cm
重量152g

MediaTek MTK6797を搭載したAndroidスマートフォンでは、おそらく執筆時点で最安の機種です。それに3GB RAMですし、メインカメラも16MP。5.5インチのフルHDディスプレイに3000mAhバッテリーと、ミドルレンジ+αのスマートフォンしては十分すぎるスペックを備えています。

ROMはいくつかモデルあるのですが、16GB ROMモデルが異次元に安いのが特徴です。helio x20というと死ぬほどパワフルという感じでもありませんが、ミドルレンジと考えると十分過ぎるくらいです。

microSDカードスロットがないのが惜しい

残念な点が一つ。microSDカードスロットが非搭載です。LeEcoといえばここが一つきになるところで、ハイエンドモデルは内部ストレージで64GBモデルがあるのでまだ良いですが、ミドルレンジの16GB ROMにmicroSDカードなしは相当きついです。

もちろん最新のLeEco Le S3 (Snapdragon 652搭載) や LeEco Le Pro3 (Snapdragon 821搭載)など内部ストレージでもう少しデータ容量を確保しているモデルも安いので、これらを選択するという方法もあります。

ただ、16GBモデルが安い。手軽にMediaTek helio X20を搭載したスマートフォンを利用したい方には、面白い選択肢ではないでしょうか。

(LeEco Le 2 X620 16GB)

Gearbest Mad for May Sale: Up to 70% OFF + Lucky Draw + Cool Add-Ons promotion