【レビュー】MaGaosi K5, 5BA中華イヤホンをリケーブルして試してみる

magaosi-k5-review

中華イヤホン「MaGaosi K5」を購入したので、レビューしてみたいと思います。片側5つのバランスド・アーマチュアドライバー(BA)を搭載したイヤホンで、MMCX端子でリケーブルもOK。ついでにBluetooth接続用のワイヤレス対応MMCXケーブルが付属して2万円程度とコスパは結構良さそうなので、聴いてみます。

中華イヤホン「MaGaosi K5」レビュー

今回レビューするのは、magaosiブランドの中華イヤホン「MaGaosi K5」です。中華イヤホンでは有名なAliExpressのセラーや、Amazon.co.jpなどで購入できる5BAの多ドラなタイプ。

magaosi-k5-review3

magaosi-k5-review

magaosi-k5-review2

購入した理由ですが、同じブランドの「MaGaosi K3」のレビューを見てて評判がよかったのと(K3は使ったことないです)、画像をみてあまりにシェルが綺麗だったのと、単純にDD+BAのハイブリッドではなく、BAの多ドラ中華イヤホンが欲しかったなど、いくつか理由はあります。

magaosi-k5-review7

また、Bluetoothイヤホンも音質が良さそうなものに新調しようかなと思っていたのですが、あまり良い選択肢が思いつかず、リケーブルOKでBluetooth対応のMMCXケーブルがついてくるならコスパも良さそうだ、と思ったのが理由です。結果的にはBluetoothで使わなそうだなという結論なのですが、それは記事で後ほど。aptXなんかにも対応しているらしいです。

↑付属品仕様

まずはmagaosi K5本体ですが、前評判通り、シェルが非常に綺麗です。これは嬉しい。めちゃクリアなんですよね。今回はブルー&レッドの左右違う色のカラーを購入して両方見たかったというのもありますが、両方綺麗です。「MAGAOSI」の文字もシェルから見えるのですが、多分これ内側にありますね。使用で剥がれたりとかはなさそうな感じです。

形状が耳に合うのか、どのイヤーピースを利用してもそれなりに遮音性が良く、音漏れも少なく感じます。外でも中でも利用の常用イヤホンとして想定していたので、これも良いですね。

↑リケーブル

付属の有線 MMCX – 3.5mm端子ケーブルはブラックカラーで、イヤホン側の部分にはSHURE掛けできるようにカバーがついています。イヤホンの形状的に、普通はSHURE掛けになるかと思います。付属ケーブル自体も編み込みでそこそこ柔らかく、クセもつきにくいかと。

そのままのケーブルで利用しても良いかなとは思ったのですが、最近中国滞在中にNiceHCKの方達から手渡して買った思い出のKZ ZS6用2pinケーブルがついに接触不良になったので、気分一新、magaosi K5用にNiceHCKからMMCX用ケーブルをゲットしました。明るめの赤とシルバーという感じで、可愛さ満点のイヤホンになりましたね。これならmagaosi K5もレッドのみのカラーを注文すれば良かったかなと反省するところも。

MMCXで接続できるBluetooth接続対応ケーブルも付属するのも特徴。このBluetoothケーブルだと、おそらくバッテリーが内蔵されていると思われる部分が首に当たるのですが、そこまで気にならないと思います(ちなみにBluetoothに接続する時だと「MaGaosi B1」で出てきます)。充電用のmicroUSBケーブルも付属。

magaosi-k5-review4

magaosi-k5-review5

magaosi-k5-review6

一応Bluetooth用ケーブルをはめ込んでネックバンドというか首かけできるツールもついてきますが、正直言って色がダサいのと、あまり装着性も良くないので、使わないです。これが無くても特に問題ないので、あまり気にならないかと。magaosi-k5-review8

その他付属品もそこそこ充実しており、口の両サイドを押してパクッと開けるイヤホンケース、イヤーピース・イヤーチップは普通のシリコン系が違うサイズでカラーも違うものが数種類、またダブルフランジのタイプも付属しています。どれも問題なく使える感じですが、耳の奥まで押し込むとステムが細いのかスポッと耳に残ってしまうものが多かったので、finalのクリアカラーイヤーピースに変更して利用しています。

magaosi-k5-specs

一応記載スペック・基本仕様も紹介。

  • ドライバー : 片側 バランスド・アーマチュア型ドライバー×5
  • イヤホンとケーブルの接続インターフェース:MMCX
  • インピーダンス : 32Ω (販売ページ32Ω、箱記載22Ωで不明)
  • 再生周波数帯域:20Hz ~ 40,000Hz(20Hz ~ 30,000Hzの表記がAliである)
  • 音圧感度:118dB
  • 有線付属ケーブル長さ:約1.2m
  • プレイヤー接続側プラグ:3.5mm金メッキステレオミニプラグ

などなど。Amazon、AliExpress、その他販売店で表記がめちゃくちゃなのもまさに中華イヤホンといったところなのかな? とりあえずパッケージのスペック表だけ画像を載せておきます。

MaGaosi K5の音質について

聴いた環境

  • DAP : FiiO X5 3rd直挿しと、iPhone + xDuoo XD-05
  • イヤホン:MaGaosi K5
  • ケーブル:NiceHCK 8芯 銀メッキ+銅線ミックス MMCXケーブル
  • イヤーピース:Final 確かE
  • 鳴らし:70時間くらい
  • 接続:3.5mm、アンバランス
  • 曲:女性ボーカルロックを中心に

音質的なところ

女性ボーカル、そこまで刺さらず。以前利用していたKZ ZS6+リケーブルは金属的な刺さり具合が半端なくて荒い感じも逆に好きだったのですが、全体的にMaGaosi K5の方に聴き易さがあります。フィット感も良く外出先でも良く使うようになってるので、常用イヤホンに良いですね。

音場広めというレビューも見てから購入したのですが、そうでもないような。多BAで、低音も上と同じくらい位置まで出てきてるような気がしますが、質感と合わせてうねる低域という感じではないです。元々ハイブリッドの方が好きかなというのはあるかもなので、個人的な好みも含めて。多BAという感じがします。

分離は程よく、解像度も高いと思うので女性ボーカルロック曲は良いですが、先述の理由もあってか、分かりやすい立体感とかはないですかね。うおーすげー3次元サウンドとかは感じないです。全体的にみるとリスニング用にバランスの良さがあるなあという気がします。FiiO X5 3rdとの組み合わせではのっぺりしたサウンドに感じたのですが、xDuoo XD-05通してのリスニングでは良かったです。

Bluetooth用のケーブルがついてくるので、ココが良いと思って購入を検討している方もいるかと思うのですが、私のところに届いた付属Bluetooth用ケーブルは、微妙でした。

まず付属ケーブルだと、元々有線で歯切れの良い音だったのが暗めの傾向で粒の細かさも消えるのと、なぜか分かりませんが定位が吹っ飛んでいるのと、ワイヤレス化に伴うノイズもちょいちょい入っていることに加えて途切れもそこそこあるので「ワイヤレスでも使えて一石二鳥」という部分は多分叶いません。aptX対応とか期待していたので、ちょっとここは残念です、まあBluetooth化できるケーブルがついているだけで儲けもんなんなのですけどね。

…あくまで私のところに届いたケーブルは、という意味なので、他の方に届いたケーブルはまともに聴けているかもしれません。Bluetoothケーブルは別途欲しいには欲しいものの、リケ用のMMCXケーブルも買ったことですし、有線でMaGaosi K5は使おうかなというところもあって、迷ってます。

…ということでワイヤレス化はもう少し先か諦めるか悩むところですが、結果的に有線接続で気に入っていて、2万円という価格を考えると個人的な満足度は高いです。もちろん今回はリケーブルしてるので、合計すると2万5000円弱くらいなのですが、それでも満足かなと。

最近は音さえ気に入ってリケーブルできるなら、耳にかけるところも柔らかいのが好きなので、ほとんどリケーブルにはなってしまう気がしているのですけどね。個人的にはもう少し低域うねってくれという気持ちはあるのですがこの量感くらいが多ドラBA機という感じで好きですし、フィット感の良さやシェルの綺麗さ等も含め、満足です。

(購入)