MediaTek MT6750 / MT6750Tのスペックとベンチマーク詳細

MediaTekのSoC「MT6750 / MT6750T」のスペックとベンチマーク調査。2016年Q2にリリースされたプロセッサーで、28nm HPM、最大1.5GHzのオクタコアCPU、MAli T860 GPUなどを搭載しています。MT6750が標準モデル、MT6750Tがスペックの少し高いモデルとなっているので、詳細を簡単にチェック。

MediaTek MT6750 MT6750Tのスペック

MediaTekのオクタコアCPU搭載SoC「MT6750」シリーズの簡易スペックは以下の通りです。

MODELMT6750/MTK6750MT6750T/MTK6750T
プロセス28 nm HPM
CPUオクタコアCPU 最大1.5GHz
(ARM Cortex-A53@1.0GHz×4
ARM Cortex A53@1.5GHz×4)
GPUMali-T860 MP2@520MHzMali-T860 MP2@650MHz
メモリーMemory Type:
LPDDR3 (Single Channel)
Memory Frequency:
667MHz
Max Memory Size:
4GB
Storage Type:
eMMC 5.1
Memory Frequency:
833MHz
カメラCamera ISP:
16MP
Recording FPS:
30
Camera Features:
ZSD and Dual ISP
ネットワークConnectivity:
Bluetooth,
Wi-Fi,
FM Radio,
GNSS
Mobile Data:
CDMA2000,
EDGE,
FDD / TDD LTE,
DC-HSPA +,
TD-SCDMA
LTE Category:
CAT-6
Specific Functions:
2x CA with capability for VoLTE, ViLTE, VoWiFi, RCS
Wi-Fi:
a/b/g/n

LTEやCAなどにネットワーク対応しており、CPUは合計8コアとなっています。MT6750Tは少しスペックの強化されたモデルで、GPUの周波数が高かったりメモリーの基本スペックが強化されたりしています。

MT6750/MT6750Tの搭載端末とベンチマーク

中華スマホにおけるMT6750/MT6750Tの搭載機種をリストにしてみました。

・・・など。

国内のAndroidスマートフォンでは、SIMフリー仕様で販売されているg07やFREETEL RAIJINがMT6750Tを搭載しています。では国内で発売されているgooのスマホg07をみて見ると、AnTuTu Benchmarkは4万3000点程度となっているようです。g07の場合は3GBなのであれですが、MT6750は4GB RAMもサポートしているので、基本スペックでメインメモリが多い機種はこれよりも良い結果になるかもしれません。

MT6750/MT6750Tまとめ

MediaTekのSoCではミドルレンジといったところですが、$100~200台の中華スマホで搭載機種がいくつかあるのでこの辺りでコスパがマッチすれば買いの機種がいくつかあるかもしれませんね。

参考:MediaTekの最新ニュース一覧