Meizu M5c発表。5色カラーにMediaTek MT6737採用

Meizu(魅族)から、エントリーモデルのAndroidスマートフォン「Meizu M5c」が発表。スペックが抑えめのM5cは、5色の本体カラーが特徴になっています。5インチHDディスプレイに、プロセッサーはMediatek MT6737。


Meizu M5cのスペック・基本性能

MODEL Meizu M5c
ブランドMeizu
本体サイズ144×70.51×8.3mm
重量135g
バッテリー3000mAh
メモリ2GB RAM
16GB ROM
外部メモリmicroSDカード対応
最大128GB
ディスプレイ5インチ
1280×720 (HD) 294 ppi
コントラスト比 1000:1
プロセッサーMediatek MT6737
1.3GHz×4コアCPU (Cortex A53)
Mali-T720 MP1 GPU
カメラリア8MP
フロント5MP
対応バンド4G FDD-LTE: B1/3/5/7/8/20
4G TD-LTE: B38/40
3G WCDMA: B1/2/5/8
2G GSM: B2/3/5/8
SIMサイズnano + nano
その他通信Wi-Fi 802.11a/b/g/n, 2.4GHz , Bluetooth 4.1, Support BLE
センサーGravity sensor
Infrared proximity sensor, digital gyroscope, and ambient light sensor
Touch sensor, digital compass
参照https://www.meizu.com/en/products/m5c/spec.html

スペックは英語版Meizu公式サイトを参照しています。

5色の本体カラー

本体カラーは5色を用意。デザインが非常にシンプルになっているのも特徴で、背面からサイドにかけて1つなぎになっているパーツが印象的。

5インチ HDディスプレイ

ディスプレイは5インチのフルラミネーションディスプレイを採用。重量約135g、厚み8.3mmだそうで、コンパクトなサイズとも言えそうです。

MediaTek MT6737 クアッドコアCPU + 2GB RAM

プロセッサーはMediatekのMT6737。クアッドコアCPU、Mali-T720 GPU搭載で中華スマホ、特にコストパフォーマンスを重視したモデルに搭載されていることが多いモデルですが、メインメモリも2GB RAM、ストレージは16GB ROMとM5cのスペックは全体的に抑えめで、その分価格も安くなるものと予想されます。

8MPリアカメラ、デュアルカラーLEDフラッシュ

背面カメラは8MP。デュアルカラーのLEDフラッシュを搭載しています。

デュアルnano SIM。microSDカード対応

SIMスロットはnano + nanoのデュアルSIM。LTEにも対応しており、外部メモリでmicroSDカードスロットにも対応しています。

3000mAhバッテリー

ディスプレイサイズや本体サイズを考えると少し多めの3000mAhバッテリーを採用。

デザインとカラーが印象的なMeizu M5c

スペックはそれなりに抑えられているようですが、一体感のあるパーツ、そしてシンプルな1色で統一されたカラーリングが特徴のMeizu M5c。価格は記事作成時点で不明ですが、価格もそれなりに安くなることが予想されています。