「Meizu M5s」が正式発表。5.2インチ、MT6753のミドルレンジ

Meizu M5sが正式発表。M5の後継機となるミドルレンジのスマートフォンで、5.2インチのHDディスプレイ、MediaTek MT6753 オクタコア・プロセッサーを搭載するとしています。

2017年に随分と低スペックな気もしますが、16GB ROMモデルが799元からと激安。LTEにも対応した新モデルを少しだけチェックしてみます。

Meizu M5sのスペック

Meizu M5sは、M5の後継モデルとなるスマートフォン。スペックは以下の通りです。

MODELMeizu M5s
ブランドMeizu
ディスプレイ5.2インチ HD(1280*720)
282ppi
本体サイズHeight 148.2mm
Width 72.5mm
Thickness 8.4mm
重量143g
バッテリー3000mAh
RAM3GB LPDDR3
ROM16GB / 32GB
プロセッサーMediaTek MT6753
ARM® cortex®-A53™1.3GHz x8
ARM Mali-T720 GPU
背面カメラ13 MP
ƒ/2.2 aperture
5-element lens
Brust mode
Panorama
High-speed PDAF
Dual LED flash
フロントカメラ5 megapixels
ƒ/2.0 aperture
4-element lens
ArcSoft® intelligent beautification algorithm
FaceAE
mTouch(指紋認証)0.2s
360度認証
5つまでの指紋登録
対応バンド
4G FDD-LTE (B1, B3, B7)
4G TD-LTE (B38, B40)
3G TD-SCDMA
3G WCDMA (B1, B2, B5, B8)
2G GSM (B2, B3, B5, B8)
Wi-Fi802.11 a/b/g/n
(2.4GHz / 5GHz)
Bluetooth4.0 (BLEサポート)
センサーGravity sensor,
Infrared proximity sensor,
digital gyroscope,
ambient light sensor,
Touch sensor, digital compass
位置情報
GPS
A-GPS
GLONASS
Digital compass
参照https://www.meizu.com/en/products/m5s/spec.html

5.2インチ、HDディスプレイ

ディスプレイサイズは5.2インチで、2.5Dカーブドガラスを採用しています。解像度は1280*720のHDですが、サイズ感と価格を考えるとフルHDでなくとも十分かもしれません。

MediaTek MT6753 オクタコアCPU

プロセッサーはMediaTekのMT6753/MTK6753。オクタコアCPU搭載のミドルレンジモデルで、RAMは16GBモデル、32GBモデルどちらも3GB RAMを搭載しています。スペックだけ見ると、ライト利用には十分そうな性能ですね。

ちなみにmicroSDカードスロットは128GBまでサポートしているとのこと。

メタルボディの本体

本体ボディはアルミ合金のメタル素材。最近は1万円代でもメタルボディのスマートフォンが多いですね。特に中華スマホは。

13MP背面カメラ。PDAF対応

高速PDAFに対応した13MPカメラを背面に配置。フロントカメラは5MPです。

3000mAhバッテリー+急速充電

バッテリーは3000mAhで、HDディスプレイなら十分持つ可能性がありますね。省電力モードも搭載しているようで、コスパ重視で実用性重視といったところでしょうか。

mChargeという最大18Wの急速充電に対応しており、30分で56%の充電が可能としています。「平均より60%速い」という表現がちと面白いです。

mTouch、指紋認証センサー

指紋認証センサーはフロントに配置。高速認証ほか360度読み取り、5つの指紋登録に対応しています。生体認証は何かしら入っているのはもうデフォルトですね。もちろん100ドル台だと搭載していない機種もいくつかありますが。

LTE対応

日本円にして1万5000円以下でLTEのモバイルデータ通信に対応(スペック表参照)も大きなポイントかもしれません。

対応バンド見る限りドコモ系SIMよりはY!mobile SIMの気がしますが、どうでしょうか。

Meizu M5s、ミドルレンジの新モデルまとめ

  • 16GBモデル:799元
  • 32GBモデル:999元

全体的なスペックは抑え気味ですが、現地価格はかなり安いです。Meizuの機種はMediaTek SoCばかりでたまにはSnapdragon搭載モデルも発売してほしいなと思う部分はありますが、一応リークした情報だと既に2017年にはいくつかのSnapdragon搭載機種を発売する計画があるそうです。

ミドルレンジのモデルは低価格推しな感じがしますが、今回のMeizu M5sもコスパは高そうなのでチェックしておきたいですね。