MOTO Z PlayがGearBestでセール。64GB版が4万円以下で、が32GBモデルより安い

日本国内でも発売が決定したMotorola(Lenovo)の「Moto Z Play」ですが、32GB版の国内価格がAmazonで5万2000円弱となっています。ですが、海外ECサイトのGearbestで、Moto Z Playの64GB ROMモデルが日本円にして4万円以下のセールに。

対応バンド以外は基本的に同じスペックのスマートフォンなので、容量も価格もお得に購入できるようになっています。数量限定のセールプライスになっているので、早めに確認しておきましょう。

「Moto Z Play」64GBモデルが4万円以下のセールに

国内でも発売開始しているMotorolaのSIMフリースマホ「Moto G Play」ですが、海外ECサイトのGearBestで、64GBモデルが4万円以下で購入できるセールを開催しています。本体カラーはブラック・ホワイトがあり、どちらも割引に。

日本での価格は割引後の32GBモデルが5万円以上するので、容量が多く、さらに1万円以上安く買えるお得なキャンペーンとなっています。

セールページ:GearBest

Moto Z Playのスペック

MODELMoto Z Play
ブランドMotorola (Lenovo)
OSAndroid 6.0 Marshmallow
ディスプレイ5.5インチ 1920*1080 フルHD
Super AMOLED
プロセッサーQualcomm Snapdragon 625
オクタコアCPU 最大2.0GHz
Adreno 506 GPU
RAM3GB
ROM64GB
外部メモリmicroSDカードスロット
(最大2TB)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth4.1
カメラ16MP背面カメラ
5MPフロントカメラ
バッテリー3510mAh
本体サイズ約15.64 x 7.64 x 0.69 cm
重量約165g
SIMサイズデュアル(nano + nano)
対応バンド2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 850/900/1900/2100MHz
4G: FDD-LTE 800/1800/2100/2600MHz
その他USB Type-C
参照GearBest

Moto Z Playは、Motorolaブランドから発売されたSIMフリースマートフォン。5.5インチのディスプレイはフルHD、Super AMOLEDを採用しており、よりビビットな描写が可能なスクリーンです。

プロセッサーはSnapdragon 625。オクタコアCPU、最大クロック数は2.0GHzで、3GB RAMもあって普段利用には十分すぎるスペックに。AnTuTu Benchmarkスコアも6万点越えで、日本国内で発売されているSIMフリースマホと比較するとミドルハイクラスの仕様です。

またMotorolaの最新シリーズといえば、パーツを付け替えて機能を追加できるモジュール機能「Moto Mods」にも対応しています。ハッセルブラッドのカメラやバッテリー、スピーカーなど、別売りパーツを組み合わせれば性能を強化できるのも面白い特徴の1つです。

ちなみに今回GearBestでセール対象になっているのは、国内で発売されている32GB ROM版ではなく、より大容量の64GBモデルです。これはかなり安いと言えるのではないでしょうか。

セールページ:GearBest

日本より1万円以上安くMoto Z Playが買える

今回セール対象となっているのはChina Warehouseですが、日本円にして「3万9475円」と4万円以下で購入できるようになっています。これは日本で購入するより1万円以上安いです。

配送方法も確認してみたところ、Priorirty LineのJapan Direct Air Lineも利用できるようになっています。送料もこちらを選べば執筆時点ではかなりお得にMoto Z Playを手に入れることができるようになっていますね。

とにかく安くMoto Z Playを手に入れたい、ということであれば、50限定のセールになっているのでチェックしておくべきでしょう。

セールページ:GearBest

Gearbest GPD-Pocket-Laptop promotion