【レビュー】MotoSpeed V40、中華ゲーミングマウスを試す

以前中華メカニカルキーボード+マウスセットの「MotoSpeed CK888」を購入したのですが、意外にもRGBマウス(V30)が良かったです。ただサイズ感が少し大きかったので、新たに「MotoSpeed V40」という光学式マウスの別モデルを購入してみたのでレビュー。

現在13ドル程度で購入できる有線の光学式マウスなのですが、シンプルなデザインとRGBライト、ケーブル保護など以前利用していたモデルよりも使いやすかったので設定など書き記しておきます。

MotoSpeed V40,光学式ゲーミングマウス・レビュー

MotoSpeedはキーボードやマウスを開発しているブランドですが、今回購入したのは「MotoSpeed V40」というモデルです。別モデルだとレーザー式などもあるのですが、今回は外で利用するようにデザインが派手過ぎたのでV40を購入しました。

裏面。スペックなどが記載されています。エルゴノミクスデザイン、DPIモード、さらっと素材の外に包まれたケーブルなどなど。説明書が入っていなかったので、ドライバーをインストールして設定する方法はあとで紹介。オムロンのマイクロスイッチ採用。最大2000万回のクリック耐久。

マウス本体の画像。DPIモードとカラーはホイール下のボタンから切り替え可能です。ライトカラーの設定も、専用ドライバーをインストールしてアプリから変更OK。(以下の画像以外の色も設定できます。)

個人的にこちらを選んだ理由が、シンプルなデザイン。変に思われるかもしれませんが有線マウスをガンガン外で使う人間なので、慣れたマウスが派手すぎるとちょっと‥ということでV40のRGBライトやデザインは好印象です。

サイド。Windows 10では普通に進む、戻るなどは使えます。最近Chromebookを購入したのですが、Chromebookでも進む戻るのサイドボタンは利用できました。Macは初期設定ではサイドボタンが動作しなかったので、今度設定を試してみる予定。こちらもソフトウェアからカスタマイズができるようになっています。

ちなみに15ドル以下で購入できるマウスですが、ホイールのスクロールが細かくて快適だったりします。国内の家電量販店で買う同じ価格帯のマウスだとホイールがカックカクだったりするので、普段利用にも全然ありですね。ホイールが触れる部分はラバー系素材になっているも好印象。

電子光学式マウスです。反応は普通に良いと思います。

USB。MotoSpeedのロゴは虎?猫?チーター?なのか不明ですが、一応ゲーミングマウスという位置づけなので細かいところのデザインにもこだわりがみえます。

ケーブルのカラーなんかも好きですね。絡みにくい素材なので、外に持ち出す時には助かります。

以前購入したMotoSpeed CK888に付属のRGBマウスとも比較してみました。V40は若干幅が狭いのと、ケツの部分が少し低めに作られているようです。

CK888付属(V30)のほうは少し高さがあるので手根部がテーブルに擦れにくいのですが、MotoSpeed V40のほうは若干低めなので手根部が机に触れ易かったりはします。これはもうフィット感と好みの問題ですが、個人的には小さめのV40のほうが扱いやすく感じます。

クリック音はカチカチっとなるので、消音マウスではありません。すでにヘビー利用しているV30は少し指紋がついていますが、どちらも素材自体は指紋がつきにくい素材、というかコーティング?なのでそこまで気になりません。

15ドル以下と考えると、使用感のクォリティは十分です。目当てであったCK888 付属マウス(V30)よりも少し小さいサイズと、主張し過ぎないデザインはGood。

MotoSpeed V40マウス用のドライバーをダウンロード・インストール

MotoSpeedの公式サイトにアクセスして、V40用のドライバーがダウンロード可能です。

PC表示画面の上部メニューバーから「PRODUCTS」を選択し、サイドメニューから「Driver Download > V40 Driver Download」に進みます。

あとはこちらのページからドライバをWindows 10のパソコンにダウンロードして、ファイル解凍 > インストール > アプリを開きます。

(こんな感じでメニューバーに出てくるかと思います)

ソフトウェアでの設定画面はこんな感じ。ボタン割当やDPI設定、DPI設定によるRGBバックライトの光り方も変更可能です。プロファイル1/2で切り替えもできるので便利。

PCゲームをしない方は、初期設定ならグリーンの2500あたりが普段の利用に使いやすいかと思います。

CK888に付属のMotoSpeed V30用ドライバーが公式サイトから発見できなかったので、ボタン自体はそんなに多くないですが、設定をいじれることを考えると必然的にV40やその他マウスを選んだほうが良いような気がします。

MotoSpeed V40, ファーストインプレッションまとめ

ファーストインプレということでフルにゲームを試せていない部分が多いですが、今のところ普段利用のマウスとしては快適な動作で動いてくれています。

ドライバーで設定変更できるのでV40のほうをWindows PCで利用しようかなとも考えていますが、とりあえず15ドル以下でRGBで動作も今のところGood。個人的にはラーバー素材を利用したホイールとシンプルなデザインであえての外利用で使っている状態です。普段の利用にはこの価格ならアリですね。

(購入したサイト)