「Onda Xiaoma 31」Apollo Lake Celeron N3450搭載の中華ノートPC

中華タブレット・PCブランドのOndaから、「Onda Xiaoma 31」が発売。Xiaomaシリーズは番号の部分がサイズを表しているのですが、31は13.3インチのフルHDディスプレイ、プロセッサーにはIntel Apollo Lake Celeron N3450を搭載したノートPC。

価格設定はOnda公式サイトを見ると4万円弱。すでにECサイトでも販売が開始しているので、スペックを確認していきます。

Onda Xiaoma 31の中華ノートPCのスペック

MODELOnda Xiaoma 31
ブランドONDA
OSWindows 10
ディスプレイ13.3インチ フルHD IPS
16:9
プロセッサーIntel Apollo Lake
Celeron N3450
(Intel HD Graphics 505)
メインメモリ4GB DDR3L
(2スロット)
内部ストレージ64GB EMMC
microSDカードスロット最大256GB対応
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.0
カメラ2MP
ポートTFカード
USBホスト:2×USB 3.0
Mini HDMI
DC Jack
3.5mm ヘッドフォンジャック
バッテリー5,000mAh
その他指紋認証サポート
本体サイズ33.40 x 22.00 x 2.15 cm
1.35kg
注意スペックは購入サイトを参照

13.3インチのFHDディスプレイ、細いベゼルを採用しており、重量は購入サイト参照で約1.35Kg。おそらくですが、サイズ感はMacbook Airの13インチモデルを参考にしているのだと思います。

全体的なデザインやキー配列も似ているような気が。スペックはそれよりも劣りますが、中華ノートパソコンということで安いのが最大のメリットでしょう。

指紋認証もサポート。Windows 10のPCでも指紋認証スキャナーを搭載している機種はまだまだ少ないのかなといったところもあるので、試してみたい方はぜひ。

Intel Apollo Lake Celeron N3450

プロセッサーにはIntel “Apollo Lake” Cleron N3450を採用しています。

MODELCeleron N3450(Apollo Lake)
コア数4
スレッド数4
ベース動作周波数1.10GHz
バースト周波数2.20GHz
キャッシュ2 MB L2
TDP6 W
SDP4 W

クアッドコアのプロセッサーで、基本動作周波数が1.10GHz、バースト時は最大2.2GHzとなっています。2016年Q3に発売のかなり新しいプロセッサーなので、価格がプラスになるのがわかるような気も。

Apollo Lake Celeron N3450を搭載している機種だと、100ドル台はさすがにみかけないですね。小型ディスプレイを搭載したモデルが300ドルを少し切り、大型ディスプレイ採用のノートPCは300ドル以上といったところでしょうか。

今後Intel Atom搭載の激安タブレットPCのような価格になるのはかなりまれなケースになりそうです。もちろん、 Atom X5-Z8300あたりを搭載した機種よりはパワーアップしているので、性能面では期待。

Apollo Lake搭載「Xiaoma 31」まとめ

ノートPCのラインナップとして登場したXiaomaシリーズですが、11/21/31/41とサイズやスペックが異なる機種から選べるようになっています。

Xiaoma 31もすでにECサイトから購入できるようになっているので、販売サイトをチェックしておいてはいかがでしょうか。

(販売サイト)