OnePlus 5Tのスペック詳細

OnePlus 5Tのスペックを確認。内部スペックはSnapdragon 835、大容量RAMと大きな変更はありませんが、ディスプレイに18:9を採用しながら画面占有率を高めたことでOP5と同等のサイズ感におさまっていること、またハードウェア面でデュアルリアカメラの強化などがあります。

OnePlus 5T スペック・性能

MODELOnePlus 5T
本体サイズ156.1mm
75mm
7.3mm
重量162g
素材Anodized Aluminum
OSOxygenOS
Android 7.1.1 Nougat
SoCQualcomm Snapdragon 835 10nm
オクタコアCPU 最大2.45GHz
Adreno 540 GPU
RAM6GB or 8GB LPDDR4X
ROM64GB or 128GB UFS2.1(2レーン)
センサーFingerprint, Hall, Accelerometer, G-sensor, Electronic Compass, Gyroscope, Proximity, Ambient Light Sensor, RGB, Sensor Hub
ポートUSB 2.0, Type-C
Supports USB Audio
Dual nano-SIM slot
3.5mm audio jack
バッテリー3300mAh
DASH Charge対応
ボタンオンスクリーンナビゲーションボタン(ソフトウェア)
電源ボタン
ボリュームキー
アラートスライダー
LTESupports 3xCA
Supports 64QAM & 256QAM
Supports up to DL CAT 12 (600 Mbps)
UL CAT 13 (150 Mbps)
※キャリアサポートによる
対応バンドFDD LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/29/30/66
TDD-LTE: Bands 34/38/39/40/41
TD-SCDMA: Bands 34/39
UMTS(WCDMA): Bands 1/2/4/5/8
CDMA: BC0
GSM: 850/900/1800/1900 MHz
Wi-FiMIMO 2*2, WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, 2.4/5 GHz
BluetoothBluetooth 5.0, supports aptX & aptX HD
オーディオ底面スピーカー
3マイク・ノイズキャンセレーション
AANCサポート
Dirac HD Sound
ディスプレイ6.01インチ
1080 x 2160ドット 401ppi
アスペクト比/18:9
AMOLED
sRGB, DCI-P3サポート
2.5D Corning Gorilla Glass 5
NFCサポート
位置情報GPS, GLONASS, BeiDou, Galileo
リアカメラ(Main)
Sensor: Sony IMX 398
Megapixels: 16
Pixel Size: 1.12μm
Aperture: f/1.7
Focal Length: 27.22mm
(Secondary)
Sensor: IMX 376K
Megapixels: 20
Pixel Size: 1.0 μm
Aperture: f/1.7
Focal Length: 27.22mm
(Flash)
デュアルLEDフラッシュ
(動画撮影)
Video: 4K resolution at 30fps
1080p resolution at 60fps
1080p resolution at 30fps
720p resolution at 30fps
Slow Motion: 720p videos at 120fps
Time-Lapse
フロントカメラ(Main)
Main: Sensor IMX 371
Megapixels: 16
Pixel Size: 1.0μm
Aperture: f/2.0
(動画撮影)
1080p resolution at 30fps
720p resolution at 30fps
Time-Lapse
マルチメディアAudio Supported Formats

Playback: MP3, AAC, AAC+, WMA, AMR-NB, AMR-WB, WAV, FLAC, APE, OGG, MID, M4A, IMY
Recording: WAV, AAC, AMR

Video Supported Formats

Playback: MKV, MOV, MP4, H.265(HEVC), AVI, WMV, TS, 3GP, FLV, WEBM Recording: MP4
Image Supported Formats

Playback: JPEG, PNG, BMP, GIF, DNG
Output: JPEG
付属品1x OnePlus 5T
1x Screen Protector (pre-applied)
1x Translucent Case
1x Dash Type-C Cable
1x Dash Power Adapter
1x SIM Tray Ejector
1x Quick Start Guide
1x Safety Information
参照https://oneplus.net/5t

サイズ・重量

  • OP5T : 156.1mm*75mm*7.3mm 162g
  • OP5 : 154.2mm*74.1mm7.25 mm 153g

OnePlus 5Tの方が若干大きくなっていますが、スペックや発表イベントを見る限り、その本体サイズ感はほとんど変更がないです。重量は9gほど重くなっているようです。

ディスプレイ

oneplus-5t-vs-op5-size-comparison

18:9、1080×2160ドット、6.01インチOptic AMOLEDディスプレイ

ディスプレイサイズには大きな変更があり、16:9→18:9へアスペクト比が変更されました。ただし先述の通り前面のスクリーン占有率が高くなっているので、本体サイズとしてはほとんど変わらないことになります。

カバーガラスはCorning社のGorilla Glass 5を採用。sRGB, DCI-P3をサポートしており、読書モードなどにも対応。

プロセッサー(CPU・GPU)

前回と同じく Qualcommのハイエンド向けSoC「Snapdragon 835」を採用しています。8コアCPU、最大2.45GHz。GPUはAdreno 540。

RAM・ROM

メインメモリは6GBもしくは8 GBのLPDDR4X RAM。内蔵ストレージは64GBもしくは128GBで、UFS2.1 2-LANEを採用。ですので内部的なスペックは以前のOP5と変わらないということになりますが、性能としてはAndroidハイエンドモデルということになります。

外部メモリ(microSDカードスロット)

非搭載

指紋認証センサー

OnePlus 5TにはOxygenOSの新たな機能で顔認証が追加される予定ですが、指紋認証センサーも背面(1+ロゴ上)に配置されます。

USBポート

USBポートはType-C(USB 2.0)を採用しており、オーディオ出力にも対応。

バッテリー容量・Dash Charge(急速充電)

電池容量は3300mAhで一体型。急速充電ではDash Charge(5V4A)に対応しており、旧モデル同様に超高速充電がOK。本体サイズがそこまで変わらないいうことで、ディスプレイサイズが大きくなったからといって、バッテリー容量は変更されていないようです。

SIMサイズ

nano + nano SIMのデュアルスロットです。

3.5mmオーディオジャック

3.5mmヘッドフォンジャックは廃止されず、今回のOP5Tでも搭載されています。

ボタン

  • 電源ボタン
  • 音量ボタン
  • アラートスライダー

前のモデルとほぼ同じ場所にボタンは位置しています。アラートスライダーも搭載ですね。ホームボタンとしても役割を果たしていた指紋認証センサーの位置が背面に移動しているので、ナビゲーションボタンに関してはディスプレイ上に表示のOn-screenソフトウェアキーとなっています。

4G対応

3CA、DLはCat.12、ULはCat.13をサポートしています。高速回線さえつかめばモバイルデータ通信も高速であることが期待できますが、キャリア次第の部分も。

対応バンド(LTE/WCDMA(3G)/GSM)

FDD LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/29/30/66
TDD-LTE: Bands 34/38/39/40/41
TD-SCDMA: Bands 34/39
UMTS(WCDMA): Bands 1/2/4/5/8
CDMA: BC0
GSM: 850/900/1800/1900 MHz

OnePlus 5Tはグローバル展開をする予定なので、対応バンドも多いです。北米、ヨーロッパ、インドでは発売予定ですが、バンド構成的にも普通に使えそうな気がします(技適注意)。

NFC

サポート

位置情報

GPS, GLONASS, BeiDou, Galileo

リアカメラ(デュアル)

メインがSony IMX 398の16MP、セカンダリーがIMX 376Kの20MPです。今回は「フォーカルレングスがどちらのカメラも同じ27.22mm」になっているので、以前より詳細をキャプチャ可能。また両方のApertureが同等になったことで、ポートレートモード撮影時にクロップしたようなフレーム感にならないのも特徴だそうです。

また「セカンダリーカメラがF/1.7アパチャーにスペックアップ」していることで、ローライト撮影時の性能はOP5よりも向上しているとか。Intelligent Pixel Technologyを採用し、ローライト撮影時のノイズ軽減に貢献するそうです。

なので、カメラは「ローライト撮影時の改善」「ポートレイトモードの改善」、この2つが大きなアップデートの目玉としています。

フロントカメラ(セルフィー)

IMX 371センサー, 16MP, 1.0μm, f/2.0と、以前のモデルとスペックは変更がありません。

価格

  • 64GBモデル : 499ドル
  • 128GBモデル:559ドル

発売日

2017年11月21日

OnePlus 5TとOP5のスペックを比較してみて

  • 18:9の6.01インチディスプレイへ変更
  • 指紋認証センサーが背面に
  • デュアルリアカメラで「ローライト撮影のパフォーマンス向上」「ポートレイトモード撮影時の改善」
  • 本体スペックスペック面で見えないところだと、OxygenOSで顔認証対応や、SNSアカウントを2つ運用できるサポートなど…

OnePlus 5Tの発表イベント内容と基本スペックをOP5と比較してみると、大きな変更は上記の通り。一番大きな目玉はやはり16:9のディスプレイで、本体サイズをほとんど変えることなく画面占有率を上げて実現したこと、またそれに伴ってディスプレイ下にあった指紋認証センサーは背面に移動しているのが分かります。

アップデートで大きな点2つ目は「デュアルリアカメラの向上」。セカンダリーカメラもF1.7になりIntelligent Pixel Technologyを採用したことで、ローライト撮影時のクォリティ向上が期待でき、ポートレイトモードも改善されています。

また本体スペック表に現れてこないところでいうと、OP5TはOxygenOSで顔認証(Face Unlock)に対応し、また1つのスマートフォンで2つのSNSアカウントが別々に使えるParallel Appsなどもサポート予定です。この辺りはOxygenOSのアップデート内容なので旧機種にもアップデートによって来るかは謎ですが、とりあえずはOnePlus 5Tで使えるようになります。

公式リテール価格が499ドル(US)からと改善点がありながら価格を抑えているのも特徴で、現状Androidスマートフォンの中でもパフォーマンス面では評価の高いOP5の後継機といつことで、かなり売れそうです。

追記:OnePlus 5Tの実機レビューを公開