OPPO Find 9(仮)のリークや噂、Super VOOCなど

oppo-super-vooc

OPPO Find 9(仮)は以前スリムベゼルな(ちょっと怪しい)レンダー画像が登場して話題になりましたが、最近Super VOOCがついに採用されるのではと言われていたりするので、少しまとめておきます。

OPPO Find 9(仮)

OPPOは超薄型・ハイエンドのOPPO Find 7を2014年当時に発売して話題になりましたが、それ以来QualcommのハイエンドSoCを搭載したAndroidスマートフォンというのは出ておらず、Rシリーズで600シリーズのアッパーミッドレンジに注力している状態。

実際に最新モデルのOPPO R11sもプロセッサーはSnapdragon 660です。

実はFindシリーズの復活というのは一部で噂されており、2017年中盤にはすごく怪しいレンダー画像が出てきていました。ここでは時期的にSnapdragon 821だのSnapdragon 835の搭載がささやかれていましたが、一応これがOPPO Find 9(仮)といったところで(なぜ Find 8じゃないのか) 結局まだ音沙汰なしといった状況です。最近はSnapdragon 845も発表されたので、ここを搭載するかという噂まであります。

2016年に発表されたSuper VOOCはどうなる…

2016年のMWCでは、OPPOから「Super VOOC」という超高速充電が発表されています。これは「2500mAhのバッテリー搭載スマホを15分で満充電」という驚異的なチャージシステムで、実際に会場ではデモも行われていたようです。

すでにOPPOがいくつかのモデルに採用されているVOOCがありますが、この後に発表されたさらに急速に充電できるものがSuper VOOCといったところ。

このSuperVOOCは2016年にお披露目されてからOPPO Find 9のリーク同様に音沙汰なしで、実際にこういった技術を搭載した次世代スマートフォンが出てくるかどうかも2017年はわからない状態に。(またカメラ技術なんかもMWC2016で発表されていました)

…と、いう流れがあって、2017年末にまたFind 9の噂と共にSuperVOOCの搭載がリークされている昨今です。ちなみに最近出てきたFind 9熱再燃のニュースを見てもあまり有力な情報がないみたいなので、あくまで「2018年に出たら良いな」感が強い印象。

以前のFind 7はそのハイスペックさで話題を集めましたから、最近は日本への参入報道もありましたし、超ハイスペックなFindシリーズを復活してほしいところです。

Source : 1, 2, 3, 4