約10000mAhバッテリーの中華スマホ「OUKITEL K10000 Pro/Max」が来るかも

OUKITELといえば超大容量バッテリーのK10000を発売したことでも知られていますが、どうやら派生モデルの「K10000 Pro」と「K10000 Max」という、同じく電池持ち重視のモデルが開発中のようです。10000シリーズとしては、これらが発売されると3機種になります。

追記:OUKITEL K10000 Proの実機を触ってきました。超巨大です。

超大容量バッテリーの「OUKITEL K10000 Pro/Max」が登場

中華スマホのOUKITELといえば、他のスマートフォンにはないバッテリー容量、例えば6000mAhや10000mAhを搭載する機種を発売していることでも有名ですが、K10000シリーズに新たなモデル「Pro」と「Max」を追加予定のようです。

OUKITEL K10000 Pro

5.5インチのIPS・フルHDディスプレイを搭載し、プロセッサーにはMediaTekのMT6750(オクタコアCPU)を採用。4GB RAM、32GB ROMと容量もそこそこで、Android 7.0 Nougatをプリイン。注目はやはり10100mAhのバッテリー。12V/2Aの急速充電にも対応予定とのこと。

  • Android 7.0 Nougat
  • 5.5インチ FHD IPSディスプレイ
  • MediaTek MT6750 オクタコアCPU
  • 4GB RAM
  • 32GB ROM
  • 13MP+5MPカメラ
  • 10100mAhバッテリー

OUKITEL K10000 Max

IP68等級の防水に対応したOUKITEL K10000 Max。プロセッサーはMediaTek MT6753オクタコアCPU、5.5インチのフルHDディスプレイに、3GB RAM、32GB ROMを採用予定。バッテリー容量はこちらも超大容量の10000mAh。

  • Android 7.0 Nougat
  • 5.5インチ FHDディスプレイ
  • MediaTek MT6753 オクタコアCPU
  • 3GB RAM / 32GB ROM
  • IP68
  • 10000mAhバッテリー
  • 指紋認証センサー

超大容量バッテリー中華スマホの期待の星。2017年には発売か

すでにコスパモデルのK6000 Plusが発売されていますが、K10000 MaxやProのような「10000mAhバッテリー」を搭載したスマートフォンは中華でもなかなか珍しいジャンルです。発売はもう少し先になりそうですが、気になる方は後続のニュースをチェックしておきましょう。