OUKITEL K6000 Plusが発売。6080mAhバッテリー搭載で、Ulefone Power 2と迷うスペック構成

OUKITELのKシリーズといえば大容量バッテリーが一つの特徴ですが、新モデルの「OUKITEL K6000 Plus」が発売しました。6080mAhの電池にMediatek MT6750Tオクタコアプロセッサー、Android 7.0 nougatを採用した中華スマホです。

…価格が200ドル弱なのですが、似たようなスペックだとUlefone Power 2がプレセールで179.99ドルと安く悩みどころ。スペックを比較してみます。


OUKITEL K6000 Plus vs Ulefone Power 2

MODELOUKITEL K6000 PlusUlefone Power 2
ブランドOUKITELUlefone
OSAndroid 7.0 NougatAndroid 7.0 Nougat
本体サイズ157 x 76 x 9.8mm155mm*77.6mm*9.9mm
重量208g210g
バッテリー6080mAh
PE急速充電対応
6050mAh
PE 2.0対応
RAM4GB4GB
ROM64GB64GB
外部メモリmicroSDカードスロット対応microSDカードスロット対応
プロセッサーMediatek MT6750T
オクタコアCPU(最大1.5GHz)
Mediatek MT6750T
オクタコアCPU(最大1.5GHz)
ディスプレイ5.5インチ
1920*1080(フルHD)
Asahi Glass
5.5インチ
1920*1080(フルHD)
Corning Gorilla Glass 3
カメラリア16MP
フロント8MP
リア13MP(SW16MP)
フロント8MP(SW13MP)
指紋認証センサー対応対応(360度認証)
対応バンド2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 900/2100MHz
4G: FDD-LTE 800/900/1800/2100/2600MHz
2G GSM: 850/900/1800/1900 (B5/8/3/2)
3G WCDMA:2100/900(B1/8)
4G FDD-LTE:2100/1800/2600/900/800(B1/3/7/8/20)
SIMサイズnano + nanonano + nano
Wi-Fi802.11b/g/n802.11 a/b/g/n (2.4&5GHz)
Bluetooth4.1 4.0
センサーLight sensor, Gravity Induction, DIstance Sensor, GyroscopeGyro Sensor, Gravity Sensor, Touch Sensor
GPS不明GPS , GLONASS , 電子コンパス
その他OTGなどFM, Miracast, Hotknot, OTG

スペック上はほとんど変わらないように見えます。プロセッサーも Mediatek MT6750Tで同じ。

両機種紹介されている部分で気になる点といえば充電時間の部分でしょうか。

充電時間はかなり異なるかも

どちらもMediatekの急速充電PE(Pump Express)に対応していますが、

  • Ulefone Power 2 / 9V2A充電時で約2時間~3時間
  • OUKITEL K6000 Plus / 12V2A充電時で約1時間40分

OUKITEL K6000 Plusは12V2Aでより高速な充電が可能という部分をアピールしています。Ulefoneの公式サイト情報でもPower 2は9V2Aまでしか書いていないので、充電時間の部分では差が出てくるかもしれません。

大容量バッテリーが特徴の機種なので、この辺りは重要かもしれませんね。

価格はUlefone Power 2の方が安い

  • Ulefone Power 2  – 発売セール時179.99ドル(通常199.99ドル)
  • OUKITEL K6000 Plus – 209.99ドル前後→プロモセール179.99ドル

価格は記事作成時点でUlefone Power 2の方が安いです。対応バンドなどはほぼ同じなので、コスパを取るならUlefone Power 2がお得といったところでしょうか。

他にもディスプレイ面のガラスメーカーが違ったりと細かいところはありますが、スペックはかなり似ているので迷うところ。充電時間の部分は注目してみておくと良いかもしれませんね。

Ulefone Power 2のスペックや特徴

追記:Blackview P2も同じような大容量バッテリー・プロセッサー・スペックですね。