「OUKITEL K8000」8000mAhバッテリーにAMOLEDディスプレイ搭載の中華スマホが登場予定

中華スマホブランドのOUKITEL Mobileから、電池持ちが特徴のAndroidスマートフォン「OUKITEL K8000」が登場予定。

OUKITEL Kシリーズといえば大容量バッテリーが特徴ですが、K8000は文字通り8000mAhをバッテリーを搭載予定。9V2Aの急速充電に対応し、また5.5インチのAMOLEDディスプレイを搭載予定です。

大容量バッテリーのKシリーズ「OUKITEL K8000」

大容量バッテリーが特長のOUKITEL Kシリーズから、8000mAhの電池を搭載した新モデルのAndroidスマートフォン「OUKITEL K8000」が登場予定です。

特徴は8000mAhのバッテリー。公式サイトでは5日間の電池持ちを謳っており、また9V2Aの急速充電に対応とのこと。ディスプレイは5.5インチのAMOLED、MediaTekのMT6750TオクタコアCPU、4GB RAM、64GB ROOM、背面にはデュアルカメラを搭載予定。

スペック・性能

  • OUKITEL K8000
  • Android 7.0 Nougat
  • MT6750T オクタコアCPU
  • 4GB RAM, 64GB ROM
  • 5.5インチ HD, AMOLED
  • 16MP+2MPデュアルリアカメラ
  • 13MPフロントカメラ
  • 8000mAh Li-polymerバッテリー

10000, 7000, 6000, 5000, 4000などKシリーズはその機種名の数字がバッテリー容量として搭載されているのが特徴ですが、K8000はその間を埋めるような大容量バッテリーのミッドレンジモデルになるようです。

Source : OUKITEL