「Oukitel U13」がGearBestで発売開始。MTK6753 オクタコアCPU, 64GB ROMで100ドル弱

OUKITEL U13」が発売。元々Oukitel U13 Proというフラグシップモデルとしてリークされていましたが、Proを落としてU13のみになったようです。

Android 6.0 Marshmallowを採用したスマートフォンで、プロセッサーはMediaTekのMTK6753 オクタコアCPU、メインメモリが3GB RAM、ストレージが64GB ROMという構成で、発売時はなんと119.99ドルとかなり安く購入できるようになっています。

5.5インチのフルHDディスプレイに16MPの背面カメラなどその他仕様もかなりのコストパフォーマンスになっているようで要チェックです。

Oukitel U13のスペック

Oukitel U13はAndroid OSを採用したスマートフォン。MediaTekのオクタコアCPU、3GB RAM、64GB ROMという仕様です。

MODELOukitel U13
ブランドOUKITEL
OSAndroid 6.0
ディスプレイ5.5インチ IPS
フルHD 1920*1080
RAM3GB RAM
ROM64GB ROM
外部メモリmicroSDカードスロット
(最大32GB対応)
カメラ背面:16MP, OIS
フロント:13MP
バッテリー3,000mAh
Wi-Fi802.11a/b/g/n
Bluetooth4.0
SIMサイズ2 x Micro SIM
対応バンド2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 900/2100MHz
4G: FDD-LTE 800/900/1800/2100/2600MHz
本体サイズ約14.90 x 7.57 x 0.81 cm
重量約168g
参照gearbest.com

フルメタルのユニボディ・デザイン

背面ボディはフルメタルのユニボディ・デザインで、若干弧を描いた本体デザインとなっています。ディスプレイも5.5インチで、写真を見る限りはベゼルレスな外観に。

OnePlus 3とデザインは似ている?

(左がOnePlus 3、右がOukitel U13)

背面デザインはOnePlus 3に似ているようです。というか、カメラに向かって伸びる縦のラインはそっくりですね。

MediaTek MTK6753 オクタコアCPU

Oukitel U13はMediaTek「MT6753」プロセッサーを搭載しています。64-bitのオクタコアCPUで、クロックスピードは最大1.5GHz(1.5GHz ARM-A53×4 + 1.3GHz ARM-A53×4がMediaTek公式サイト仕様、gearbestでは最大1.3GHzの記載になっています)。GPUはMali T720 MP3 @ 700MHz。

メインメモリも3GB RAMですし、内臓ストレージも大容量の64GB ROM。普段の利用には困らないようなスペックですし、何と言っても発売時セールの119.99ドルという価格が魅力的です。

16MPの背面カメラと光学手ぶれ補正

背面カメラは16MPで、OIS(光学手ぶれ補正)付き。この手の中華スマホはOIS搭載自体が珍しいですし、100ドル台で光学手ぶれ補正つきの背面カメラという機種は、探してもほとんど見つからないです。少なくとも、2016年に発売されたスマートフォンでは。

フロントカメラも13MPですし、2017年はデュアルカメラ搭載のUMi Zなどカメラ性能にもこだわった機種が多く出てきそうな予感です。

Oukitel U13まとめ

5.5インチのフルHDディスプレイ、16MPカメラ、オクタコアCPUに大容量の64GBストレージと中々の仕様になっており、かつ発売時の価格が約$120。2017年初期においてはコストパフォーマンスをより重視したジャンルで人気が出そうなモデルですね。購入は以下のサイトから。