Snapdragon 427(8920)のスペックと搭載機種など

QualcommのSnapdragon 427 (MSM8920)は、エントリーモデル~ミッドレンジのスマートフォンに搭載されるようなスペックのSoC。系譜としてはSnapdrgaon 425 (MSM8917)に続く後継チップといった位置づけになっていますが、こちらの記事では基本仕様や搭載機種をまとめています。

Snapdragon 427 (MSM8920) のスペック・仕様

MODELSnapdragon 427 (Qualcomm)
型番MSM8920
プロセス28 nm LP
CPUクアッドコアCPU ARM Cortex A53 最大
1.4GHz (64-bit)
GPUAdreno 308 GPU
DSPHexagon 536
APIサポートOpenGL ES 3.0他
メモリーLPDDR3@672MHz
eMMC 5.1
SD 3.0 (UHS-I)
ディスプレイ最大1080p, 60 FPS
Qualcomm® EcoPix Qualcomm® TruPalette
オンデバイス最大1280x800
WXGA
外部最大720p
動画1080p@30fps playback
FHD Native HEVC playback
HD H.264 capture
モデムSnapdragon X9 LTE Modem
Wi-Fi802.11ac Wave 2
802.11n
802.11a/b/g
2.4GHz, 5GHz
MIMO1x1 (1-stream)
MU-MIMO
Bluetooth4.1
LE
位置情報サポートGPS
GLONASS
Beidou
Galileo
NFCサポート
USBバージョンUSB 2.0
カメラMPサポート 最大16MP
ISP ISP
オーディオQualcomm Fluence noise cancellation technology
急速充電Qualcom Quick Charge 3.0サポート
参照https://www.qualcomm.com/products/snapdragon/processors/427
  • LTE X9モデム(Cat 7)
  • 400シリーズ初の「TruSignal」アンテナブースト
  • デュアルカメラサポート
  • QC3.0サポート

Snapdragon 425とCPUコア数、最大クロックスピード、Adreno 308などはスペック上同じになっていますが、X9モデムになったことでダウンリンクLTE Cat 7をサポート。そのほかにもTruSignalを400シリーズで初対応(発表時点)するなど、ネットワーク面での強化が確認できます。

また充電の部分ではQuick Charge 3.0をサポート。SD425はQC2.0までだったはずなので、この辺りもメリットが大きいかもしれません。

Snapdragon 427搭載のスマートフォン・タブレット

スナドラ427は2017年第一四半期あたりから搭載機種がで始めるものとみられていましたが、正式に発表されたモデルがAndroidスマートフォンですでにいくつかあるので紹介。

今のところ発表されているのはGionee S10Cと、Motorola MobilityのMoto E4シリーズ。どちらもブランド内の位置付けとしてはエントリーモデルといったところで、これから低価格のスマートフォンに関してはSD427搭載モデルがいくつか出てくるような気もします。

関連: Qualcomm Snapdragonの型番とスペック・ベンチマーク