Qualcomm「Snapdragon 636」のスペック・基本仕様

Snapdragon 636のスペックを確認。

14nmプロセスのクアルコムSoCで、スペックや公式情報を見る限りはスナドラ660とスナドラ630に挟まれた、アッパーミッドレンジのスマートフォン向けプロセッサー。

Snapdragon 636 スペック・基本性能

MODELSnapdragon 636
セルラーモデムX12
最大600Mbpsダウンロード
最大150Mbpsアップロード
CPUKryo 260 CPUコア
8コアCPU
最大1.8GHz
GPUAdreno 509 GPU
DSPQualcomm Hexagon 680 DSP
Qualcomm All-Ways Aware technology
カメラISP : Qualcomm Spectra 160
最大24MPシングルカメラ
最大16MPデュアルカメラ
デュアルISP
Qualcomm Clear Sight
Zero Shutter Lag
Hybrid Autofocus
Optical Zoom
セキュリティQualcomm Processor Security
Application Security
Smart Camera
ディスプレイFHD+ (18:9)
動画Up to 4K UltraHD capture @ 30 fps
Up to 1080p video capture @120 FPS
Up to 4K Ultra HD video playback
H.264 (AVC), H.265 (HEVC), VP9, VP8
Wi-FiIntegrated 11ac Wi-Fi + WCN3980 companion chip
1x1 802.11ac with MU-MIMO 最大364Mbps
オーディオQualcomm Aqstic audio technology
Qualcomm® aptX codec technology
RFQualcomm TruSignal adaptive antenna tuning
High-power transmit (HPUE)
Envelope tracking technology
NFCサポート
BluetoothWCN3980
Bluetooth 5
最大2Mbps
位置情報GPS, GLONASS, Beidou, Galileo, QZSS, SBAS
充電Qualcomm Quick Charge 4 technology
参照https://www.qualcomm.com/products/snapdragon-636-mobile-platform

Snapdragon 636は14nm (FinFet)プロセス製造の、Qualcommプロセッサー。公式サイトで紹介されている基本スペックは上記の通りで、Kryo 260コア採用の8コアCPU、Adreno 509 GPUが採用されています。

X12 LTEモデム搭載で、最大ダウンロード速度は600Mbps。Snapdragon 626との比較で、ダウンリンク速度の最大が2倍に。

CPUはパフォーマンス重視の4コア+効率重視の4コアで、合計オクタコアCPUの構造。採用されているKryo 260 CPUと最適化により、Snapdragon 630比・最大40%のパフォーマンス向上をアピール。

GPUはAdreno 509を搭載。クアルコム公式サイトのプレスリリースを見ると

…the integrated Qualcomm® Adreno™ 509 GPU is designed to boost gaming and browsing performance by 10 percent as compared to the previous generation,…

と記載されており、前世代のものと比較して、ゲーミングやブラウジングのパフォーマンスが10%向上しているそうです。

スペックを見る限りSnapdragon 660よりは下位、プレスリリースを見る限りSnapdragon 630よりは上位のようで、となると当然Snapdragon 626や625あたりよりは上になるはずです。

中国系のモデルでは、現状よりハイスペック寄りなアッパーミッドレンジモデルにSnapdragon 660 (OPPO R11sシリーズvivo X20シリーズXiaomi Mi Note 3) が採用されていますが、Sanpdragon 636は、インドで新発表されたXiaomi Redmi Note 5 Proへ搭載されています。