「Xiaomi Redmi Note 4X」Snapdragon 653+4GBモデルが存在か

Xiaomiのスマートフォン・ラインナップでは廉価版にあたるRedmiシリーズですが、海外サイトが伝えたところによると、新モデルの「Redmi Note 4X」の開発が進められている可能性があるとのこと。すでに端末情報の画像がリークしており、プロセッサーにはQualcommの「Snapdragon 653」オクタコアCPU、最大4GB RAM、64GBストレージのモデルが確認できます。


Redmi Note 4XはSnapdragon 653を搭載か

Xiaomiの新モデル「Redmi Note 4X」のリーク画像がこちら。すでにRedmi Note 4はMediaTek Helio X20、最大3GB RAM+64GB ROMモデルが発売されていましたが、今回出てきた情報によると、Note 4Xはクアルコムの「Snapdragon 653」をSoCに採用し、メインメモリは4GBモデル、ストレージは64GB ROMが存在する可能性が浮上しました。

ベースOSはAndroid 6.0.1 Marshmallowになっており、XIaomiのMIUI 8.1を採用しているように見えます。

Snapdragon 653のスペック

クアルコムの新SoC「Snapdragon 653 (8976 Pro )」は、スナドラ65Xシリーズでも新作のプロセッサーです。クロックスピードが高められており、いくつかのブランドのフラグシップ・スマートフォンや、ミドルレンジ+αの機種に採用されています。2Kディスプレイやデュアルカメラのサポートもあるので、2017年に発売するスマートフォンには多く搭載される可能性があります。

MODELSnapdragon 653
ブランドQualcomm
型番8976Pro
CPU64-bit 最大1.95GHz
4x ARM Cortex A72
4x ARM Cortex A53
オクタコアCPU
GPUQualcomm Adreno 510 GPU
DSPQualcomm Hexagon DSP
プロセス28 nm HPm
充電Qualcomm Quick Charge 3.0 technology
Qualcomm Quick Charge 2.0 technology
メモリーMemory Speed
933MHz
RAM
8 GB RAM
Memory Type
LPDDR3
Dual-Channel

最大1.95GHz、A72×4 + A53×4のオクタコアCPUで、GPUはAdreno 510。Snapdragon 653を採用したモデルではSamsung Galaxy C9 Proや、また噂段階ですがVivo X9 Plusにも搭載される可能性があるとしています。

新しいSoCなので性能は未知数ですが、Snapdragon 650のAnTuTuスコアは8万点近いものもありますし、Snapdragon 652に関してはGalaxy A9 2016に搭載されたベンチマークも同じようなスコアが出ています。さらに最大クロック数を引き上げたSnapdragon 653にも期待して良いのではないでしょうか。

Redmi Note 4Xのリーク情報まとめ

Xiaomi Redmiシリーズは日本でも一部ユーザー人気のあるモデルかと思いますが、より高性能のNoteシリーズで実際にSnapdragon 653が採用されるなら今回も期待できそうです。

Source: Weibo