【レビュー】SIMGOT EN700BASS。ダイナミック1発で解像度とウォームサウンドの中華イヤホン

日本帰国中に話題のイヤホン新モデル「SIMGOT EN700BASS」を購入したのでレビューしていきたいと思います。中国系のイヤホン、所謂中華イヤホンで1万4000円程度、また初代EN700からドライバーも改良されて人気があったので、どんなものなのかしばらく聴いてみたのでメモしておきます。

SIMGOT EN700BASS 中華イヤホン実機レビュー

今回購入したのはSIMGOTの「EN700BASS」というモデルです。SIMGOT製品は以前から視聴する機会があったのですが、実はこのブランドのイヤホンを購入したのは初めて。

カラーは明るめのブルーやレッドもあるのですが、今回はこちらのカラーを購入しました。一時帰国ということで、他の店舗で別カラーを購入する余裕なく…。他の色も綺麗で素敵なので、実機確認をオススメします。

SIMGOT EN700BASSもダイナミック型ドライバー1基とのことですが、ハウジング・ドライバー振動膜・ケーブル素材などは初代無印のEN700から改良されているとのこと。再生周波数帯域も15〜40,000Hzと初代から向上しているそうです。「BASS」という名称が入っていますが、代理店ページにも説明があるように低音ボンボンという感じではなく、あくまでフラットな印象。この辺りは記事後半でまとめています。

(カメラを新調して、色ムラに慣れない日々です。申し訳ありません…)

しかし改めて手に取ってみると、音質以前にデザインの秀逸さを感じます。カラーの組み合わせも素敵ですし、SHURE掛け状になっており、遮音性もそこそこあるかなという気はしますが、普通のカナル型という印象です。

筐体の形状からか、個人的には筆者の耳にフィットしやすいです。長時間装着していても疲れないイヤホンの形状は、普段利用するイヤホンとしては良いことだなあと感じます。

ステム部分。イヤーピースがバッグから取り出す時に外れたことが一度あったので、少し気をつけると良いかもしれません。

OnePlus 5とパシャり。ケーブルは無酸素銅線で、外側も耐久性・耐傷性が高そうな素材。編み込みされており、柔らかいので取り回しもGood。中国系のイヤホン、所謂中華イヤホンでいうと値段もピンキリですが、全体的なビルド・デザイン・音質のバランスで1万5000円以下のイヤホンと考えると、コスパは高い気がします。

3.5mmオーディオ端子。SIMGOTの文字が入っていたりと、細かいですね。まあ1万円クラスならこの辺りは当然といえば当然かもしれません。どうでしょう。

Y字分岐点の部分には「BASS」の文字が。採用されている素材にメタル感が強く、これがお値段以上の高級感を醸し出している理由かもしれません。

イヤーピース(Eartip)は3サイズが2種類付属。片方がミッド-ハイ用で、もう片方がローとリスニングの快適さを向上させる用になっているそうです。また本体カラーの違いによってイヤーピースのカラーも異なっていたりと、細部にこだわりが多いのも良いですね。

「Eartip I」はミッド-ハイ向けのイヤーピースは裏がS=オレンジ、M=グリーン、L=ブルー(全体的に色は薄め)と少しカラーも異なります。

革っぽいケースも付属しています。…この価格帯・クラスのイヤホンで、ここまでしっかりしたケースがあらかじめパッケージに付属しているイヤホンも珍しいのではないでしょうか。

中も意外と広いので、イヤピースの用紙1枚程度ならSIMGOT EN700BASSと一緒に持ち運べます。この辺りはお好みで。

デザイン面のパッケージ内容をチェックしましたが、1万5000円以下のイヤホンと考えると、少し贅沢な内容になっていると感じます。革っぽいおしゃれなケースも付いてきますし、EN700BASS本体自体もメタル感が強くチープさは皆無。

「BASS」だけど、あくまでフラット

音質面で感じたこともメモ。まずはモデル名にBASSが付いているので低域によっているのかなと初めは思っていたのですが、傾向としてはフラットなのかと思います。あとで代理店の説明をみたら無印EN700と比較して若干重心低めといったニュアンスだったので、ああなるほどといった感じです。購入の際にEN700とEN700BASSもいくらか聴き比べした時は本当にほんの少しだけBASSの方が重心低めといった感じで、基本はフラットな印象が強いです。

ハイブリッド型やBAのような高域のキレ度・分離感は感じませんが、ダイナミックドライバー1発のイヤホンとしてこの値段では「高解像度」と感じます。逆にこのダイナミック1基が解像度高めながら落ち着いた音で、長時間視聴には装着感も快適ですし持ってこいのイヤホンなのかなと。ハイのシャープさというかキレの部分で少し物足りないと感じる曲もあったりするので(SIMGOT EN700BASS購入層は他にもイヤホンたくさん持っている前提で)、その際にはイコライザー調整したり曲によってイヤホン変えたりといったことは必要かもしれません。

筐体の形状なのか計算済みなのか、音も広めに感じます。ヘッドフォンでいうと密閉型なのにAKG K550MKIIを聴いた時のような感覚と言いますか、気持ち開放感に優れており、アコースティック系な曲も心地良いですね。激しいロック系の曲には(個人的に)もう少し分離や突き抜ける感覚が欲しいところですが、おそらくこの「この価格で良解像度+暖かめなサウンド」というのがSIMGOT EN700BASSの持ち味のような気がしているので、これで良いんでしょうね。そういうことなんだろうと思います。

…全体的に見ると1万5000円以下でこのサウンド・パッケージのクウォリティはすごいなあと思うところがあり、もちろん同じ価格帯のイヤホンを超大量に持っている訳ではないのであれですが、コスパは高いと言って良いのではないでしょうか。

最近はKZ ZS5が多ドラで分離もかなり良いので多用していましたが、1ダイナミックの落ち着いた環境が欲しい時はSIMGOT EN700BASSを使う感じになっています(コスパ面で見るとKZ ZS5が激安で勝利のように思いましたが、今考えるとAliExpressのNiceHCKからケーブル購入して結局1万円以上の価格になるのでどちらも1万5000円以下の予算ということになるのでなんとも言えません)。

今のところはがっつり聴きたい時はKZ ZS5 + NiceHCKリケの組み合わせが個人的には好みかなと思ってはいるのですが、最近はSIMGOT製品が家電量販店などでも売っていることを考えると、手に入れやすいという面でもEN700BASSは良さげですよね。とりあえずダイナミック1発でこの音質はレベル高いような気がします。

SIMGOT EN700BASS 購入:Amazon.co.jp

ただ…9月23日にSIMGOTから「EN700PRO」という新モデルが発売予定です。一応予定価格が1万7800円ということで既存モデルよりは少し高くなるとのことですが、発売前の先行レビュー(羨ましい)をみている限りでは音質も良好で2pinリケーブルにも対応しているとかなので、期待している方も多いのではないでしょうか。うーん、ギリギリ日本にいなそうなので、即手に入れることができないかもしれませんね…。