「Teclast Tbook 16 Power」8GB RAMのハイスペック中華パッド

中華パッド・PCのTeclastブランドから、「Teclast Tbook 16 Power」が登場。Intel Atom搭載の中華タブレットPCとしてはZ8750プロセッサー、8GBの大容量メモリを搭載したハイスペック寄りのタブレットPCです。Windows 10とAndroid 6.0のデュアルOSとなっているのも特徴で、以前だとAndroid 4.4や5.1といった機種が多いですがMarshmallow世代の6.0をブートしているのも面白い部分。セール時で$329.99と意外にも価格は安いので、スペックをチェックしておきます。

Teclast TBook 16 Power、Surface対抗のIntel Atom搭載タブレット

Teclast Tbook 16 Powerは、Intel Atom X7-Z8750をプロセッサーに搭載したタブレットPC。Windows 10とAndroid 6.0を両方使えるデュアルOSの機種となっています。スペックは以下の通り。

MODELTeclast Tbook 16 Power
OSWindows 10 + Android 6.0
ディスプレイ11.6インチ IPS
1920*1080 (16:9)
プロセッサーIntel Cherry Trail X7-Z8750
メインメモリ8GB
ストレージ64GB eMMC
Wi-FiIEEE802.11 b/g/n
Bluetooth4.0
インターフェースUSB3.0, Type-C USB, microSDカードスロット,
3.5mmイヤホンジャック, microHDMI
3.5mm DCジャック
OTG対応
バッテリー最大8500mAh
本体サイズ約303mm(L) ×179.5mm(W) ×10.1mm(H)
重量約887.1g
参照http://www.teclast.com/zt/Tbook/Tbook16Power/

Intel Atom X7-Z8750 + 8GB RAM

11.6インチのIPSディスプレイを採用しており、解像度は1920*1080。300ドル前後の中華タブとしてはスクリーン解像度が少し微妙な部分はありますが、その分プロセッサーはIntel Cherry Trail Atom X7-Z8750、特にメインメモリは「8GB RAM」と大容量になっているのがいちばんのメリットでしょう。

内部ストレージは64GB ROM。microSDカードスロットに対応しており、最大128GBまで利用可能としています。TFカードスロットのみならず、USBホストは(USB 3.0)、Type-Cポートを搭載するなど、接続ポートが低価格帯の中華タブと比較すると少し多いのも特徴です。

8500mAhの大容量バッテリーを搭載していますが、本体サイズは約303mm(L) ×179.5mm(W) ×10.1mm(H)、重量は約887.1gとそこそこ小さく軽量になっているのもポイント。

Surface意識?のキックスタンドとキーボード

というのも、デザインがマイクロソフトのSurfaceを意識したような外観になっています。別売りでキーボードをドッキングして利用できますし、背面にはキックスタンドを採用しているのも似ていますね。

ハイスペックな中華タブ、Teclast Tbook 16 Powerまとめ

最近はIntel Core M3-6Y30 / Core M3-7Y30などを搭載した中華タブもありますが、Intel Atom Z8750でも普段利用には十分なスペックです。特にメインメモリが8GBですし、薄型のモバイルタブレットPCとしては面白い選択肢なのかなと思います。購入は以下のサイトから。