「Teclast X3 Plus」Celeron N3450 + 6GB RAMのちょっとハイスペなタブレットPC

中華タブレットPCで4GB RAMというのはよく見かけますが、それ以上の容量を搭載した機種というのはかなり珍しいです。「Teclast X3 Plus」はメインメモリが6GB RAMと中華タブにしてはかなりの大容量を搭載した新モデルです。11.6インチ、キックスタンド、Intel Celeron N3450と注目ポイントがあるので、発売前ではありますが確認しておきます。


Teclast X3 Plus、Celeron N3450+6GB RAMの中華タブ

Teclastといえばコストパフォーマンスに優れた中華タブレットPCをいくつか発売していますが、最近はタブレットPCとしてはより上のスペックの端末が多くなっています。Telcast X3 Plusもその一つで、プロセッサーにCeleron N3450、6GB RAMを搭載しているのが特徴です。

MODELTeclast X3 Plus
ブランドTeclast
OSWindows 10
ディスプレイ11.6インチ 1920*1080 フルHD
プロセッサーIntel Celeron N3450
Intel HD Graphics 500 GPU
RAM6GB DDR3L
ROM64GB eMMC
外部メモリmicroSDカード対応
(最大128GB)
Wi-Fi802.11b/g/n
Bluetooth4.0
カメラリア5MP
フロント2MP
接続TF card slot: Yes
USB Host: Yes (USB 3.0)
Micro HDMI: Yes
3.5mm Headphone Jack: Yes
DC Jack: Yes
バッテリー3.8V / 8000mAh
本体サイズ約30.38 x 18.61 x 1.01 cm
重量約909g

(スペックは確定情報ではありません)

ディスプレイサイズは11.6インチでフルHD解像度。ストレージは64GB eMMCですが、Windows OSのみなのでライト利用ならそこまで困らなそうです。microSDカードスロットも搭載。USB 3.0対応ポートを搭載するとしており、スペックを見る限りはそこそこ小型ながら8000mAhのバッテリーを積んでいます。背面はキックスタンド仕様になっており、別売りでキーボードも利用できるようです。このあたりは最近多いSurfaceタイプのタブレットPCに。

商品登録がされた現在は$570程度になっているのですが、よりハイスペックなTeclast X3 Proがもう少し安いので、実際販売される際にはもう少し安くなることが予想されます。Teclastのタブレットは最近の機種がハイスペック化しているので、低価格帯のモデルだけでなくこのあたりの機種もチェックしておきたいですね。

(購入)