「Teclast X98 Pro」9.7型ディスプレイ搭載のiPad対抗デュアルOSタブレット

中華タブはWindows 10とAndroid OSを搭載したデュアルOSタブレットPCも多いですが、9.7インチの高解像度ディスプレイを搭載したiPad対抗モデルが「Teclast X98 Pro」です。iPad Air 2のディスプレイサイズを搭載した中華タブというのは意外に多いので、それらの機種とも比較してみます。


Teclasdt X98 Pro、iPad Air 2対抗のデュアルOS中華パッド

iPad Air 2と同じ9.7インチ、2048×1536ドットのディスプレイを搭載したタブレット「Teclast X98 Pro」。その解像度の高いディスプレイが特徴で、iPad Air 2の容量が同じ64GBモデルと比較して半額程度の価格で購入できるコストパフォーマンスがポイントです。

スペック

MODELTeclast X98 Pro
ブランドTeclast
OSWindows 10
Android 5.1
ディスプレイ9.7インチ
2048*1536
プロセッサー Intel Atom Cherry Trail X5-Z8500
(T4 Z8500)
RAM4GB
ROM64GB
外部メモリmicroSDカード対応
(最大128GB)
カメラ背面5MP, フロント2Mp
バッテリー8000mAh
Wi-Fi802.11b/g/n
Bluetooth4.0
ポートTF card slot: Yes
Micro USB Slot: Yes
Micro HDMI: Yes
3.5mm Headphone Jack: Yes
本体サイズ約23.90 x 16.90 x 08 cm
重量約526g

TeclastはX98でX98 Plus IIやX98 Airなどいくつかモデルを発売しましたが、X98 Proはその中でも一番高いスペックが特徴のモデルです。

Intel Atom Z8500+4GB RAM+64GB ROMのX98シリーズ最上位モデル

プロセッサーにはIntel Atom Z8500、メインメモリが4GB RAM、ストレージが64GB ROMのX98シリーズでは最上位スペックとなっています。バッテリー容量も約8000mAhと大容量で、ディスプレイ解像度含めて基本仕様だけ見ると十分な性能を備えているのがわかります。

ちなみに下位モデルでさらに安いX98 Plus IIは2GB  RAM、32GB ROMですし、X98 Airも2GB RAM、またプロセッサーはIntel Z3735Fです。

もちろん価格だけ考えると低価格モデルの方が安くコスパは高いのですが、デュアルOSでも容量に余裕のある64GB ROMや珍しい高解像度ディスプレイにピンとくるなら購入を検討すべきスペックに仕上がっているのがわかります。

実機レビュー動画

X98 Plus(Z5-X8300モデル)との比較もありますね。

ゲーミング性能。重い3Dゲームでなければそこそこプレイできるのかなという感じはします。良くも悪くもAtom搭載機なので、それ以上でも以下でもないような。

価格の安いデュアルOS + 9.7インチディスプレイのタブレットではOnda V919 Airもあるので、予算によってはこのあたりも検討しておくと良いかもしれません。

(購入)