【レビュー】Tronsmart Jazz Mini Bluetoothスピーカーを聴いてみる

Tronsmart様より「Tronsmart Jazz Mini bluetoothスピーカー」が届きましたのでレビューしていきます。ラウンドフォルムで可愛い小型のワイヤレス・スピーカーなので持ち運びに便利かつ価格も1789円と管理の低価格なのですが、タッチ操作に対応していたり、7時間連続使用が可能だったり、どちらかというと手軽に使いたい方向けのスピーカーなのでチェック。(サンプル提供:Tronsmart)

Tronsmart Jazz Mini Bluetoothスピーカー・レビュー

今回レビューするのは「Tronsmart Jazz Mini Bluetoothスピーカー」です。Elementシリーズのスピーカーとして、同ブランドからはアウトドア向け用に2種類(T2、T4)、防水なしのモデルでMega、T6、そしてJazz Miniということになっており、価格的にもトロンスマートBluetoothスピーカーではエントリーモデルに該当する機種です。

付属品は Tronsmart Jazz mini本体、USB – microUSB充電ケーブル、AUX有線接続用の3.5mm – 3.5mmケーブル、説明書や保証書など。エントリーモデルですが、MegaやT6同様にAUX有線接続に対応しているのも特徴です。

Bluetoothは4.2に対応しており、最大約20mの伝送距離。一人暮らしの部屋置きなら、まず問題ないです。実際に使っていても接続は良好。またスピーカー本体上部はタッチコントロール対応となっており、再生や停止、パーツを回しての音量上下にも対応。

ホワイトのLEDライトも綺麗なので、シンプルで小型ながら、夜にスピーカーだけが光っているのをみるのもすごく良いです。(ちなみにLEDはJazz MiniとMegaはホワイトのみ、T6はブルーやグリーン, レッドといったカラー表示ができる)

電源ON / OFFは後ろのボタンを押すだけ。あとはBluetooth対応機器と接続すれば、音楽の再生ができる簡単操作。

すでに説明したようによく使う操作は上部に集約されているので使い易いですし、電源ボタンやAUXポートなど普段よく触ることがなさそうなものは背面に置かれています。シンプルですが、機能的といっておきましょう。

バッテリーは合計約1000mAhのリチウムオンバッテリーを搭載しているそうで、最大約7時間の連続再生に対応。実はより巨大なT6とMegaは15時間なので約半分ですが、Jazz Miniはこれだけ小型スピーカーと考えると、朝から始まって夕方くらいまで使えれば十分な気がしますね。

まずは外観とデザインをチェックしてみましたが、小型であること、また操作がわかり易いことは、便利さを追求した小型のワイヤレス・スピーカーとしては非常に良いと感じます。持ち運びもし易いので、室内だけなく屋外でライト利用するにもGoodなサイズ感です。

一応スペックも出しておきます。

MODELTronsmart Jazz Mini
タイプワイヤレス対応小型スピーカー
LEDライト搭載
Bluetooth4.2
実用最大出力5W
入力Bluetooth接続(ワイヤレス)
AUX(有線接続)
連続再生時間7時間
S/N比≥76dB
周波数90Hz-20KHz
Bluetooth接続距離20m以内
本体サイズ8.45cm
7.3cm
重量216.5g

Tronsmart Jazz Miniの音質について

すでにTronsmart Elementシリーズのスピーカーは手元にあるので、それぞれの特徴もふまえてJazz Miniの音質をレビューしてみます。

すでに冒頭で紹介した通り、トロンスマートのBluetoothスピーカーの中では、より小型で持ち運び易さやサイズ感を重視したエントリーモデルという位置付けで、その分価格にも現れています。

音質面でも同じような部分はあり、2000円以下のBluetoothスピーカーとして考えるとしっかりしているし、中低域を中心に価格以上のサウンドをキメている感じは伝わってきますね。この価格帯ではおそらく家電量販店で販売している同じような小型スピーカーと比較して、同価格帯の製品には負けていないような気がします。このサイズとしてはまあまあ良いかなという印象。

ただしT6のようなパワーと迫力の重低音という感じではないですし、Megaようにパワーがありながら粒の良い解像感という部分も、Jazz Miniでは今ひとつ。近くの家電屋でどこにでも置いてあるような同価格のスピーカーと比較すると明らかに良いですが、同ブランドのT6やMegaといった上位2モデルと比較すると「あら、ものすごいコスパね…」的な衝撃はないです。

音の出し方ですが、サラウンド傾向というよりは、向けた前面に出している感がありますね。360度の全方位サウンドを求めている方は、明らかにT6やMegaどちらかを選んだ方が幸せになれますね。比較的小さなイベント会場で小さなスピーカーを使って大音量を流したい、などの場合にも、おそらくT6かMegaの2択で、Jazz miniはちょっと厳しいような気がしてます。特にガヤガヤした会場などでは。

流石にスマホというのはそのサイズからスピーカーだけ結構しょぼい機種は多いので、そういった場合にJazz Miniと接続して音を出すのはありだと思います。しかもコンパクトなので、バックパックに気軽に入れて使える部分も良いです。

ただし、最近のノートPCなんかは内蔵スピーカーでも結構良いものを積んでいることが多くて、Macbook Pro 2015モデルと比較してみると、音の違いはあれどわざわざJazz Miniを使う必要はないのかなと思えてくる部分もあります。それよりも↑な音質や楽しさを期待する場合には、重低音が半端ないTronsmart T6や、Tronsmart Megaを購入した方が良いでしょう。この2モデルなら、ノートPC内蔵のスピーカーよりも明らかに上だと思いますし。

個人的にはT6とMegaをオススメする

あらためてトロンスマートのワイヤレス・スピーカーをまとめてみると…

  • Tronsmart Mega 4980円  : 大音量でクリア、万能
  • Tronsmart T6 3980円 : 価格に対して音は十分クリアで、とにかくサブウーファーからくる重低音が特にすごい
  • Tronsmart Jazz Mini : 1789円 小型・ライト利用向けのエントリーモデル

NFCの便利さや音質の良さとバランスを求めるならMega、音質+重低音重視ならT6、小型でライト利用ならJazz Miniという感じで、綺麗に製品が値段と共に住み分けされています。

個人的にはズバっと言いたいので言いますが、買うならTronsmart T6かMegaかなと。この2つは価格が安いのに音質が随分良いので、重低音好きならT6を買えば幸せになれると思うし、バランス型の高音質であるMegaでも5000円以下とお得。例えば筆者のような環境だと、上位2つに絞られます。

Jazz Miniに関しては、例えばスマホ利用メインで、そのスピーカーがボトム配置かつシングルでめちゃしょぼいとか、そういう場合にはありかもしれないです。ただしそれも、最近ではフロントスピーカーで音の良いスマホがあったり、内蔵スピーカーがそこそこ良いPCがあったりするので、2000円以下であっても必要かどうかと言われると個人的にT6, Megaを聴いてしまった後は…という印象が正直なところ。

…レビューしている時点で1789円と価格はとにかく安いので、ライト利用でよく持ち運ぶ方はJazz Miniにいっても良い場合はあるかもしれませんが、筆者としては、ここにお金を使うなら、T6やMegaを検討した方が良いと思います。

今回出てきた商品を購入: