【レビュー】Tronsmart T6、Bluetoothスピーカーを試す。コンパクト、クリアで重低音、そして安い

tronsmart-t6-review-3

Bluetooth接続が可能なワイヤレススピーカー「Tronsmart T6」をレビュー用に提供していただいたので、チェックしていきます。Amazon.co.jpで4000円以下という低価格ながら360°サウンド、迫力の重低音とクリアな音質、長時間再生、そしてポータブルサイズで持ち運べてこの価格というのは驚きで、個人的にはイヤホン・ヘッドフォン派だったのですが、これだけ安くて良いならT6を使わずにいられないというレベルだったのでメモ。(サンプル提供:Tronsmart Direct(Amazonストア))

 Tronsmart T6 Bluetoothスピーカー・レビュー

今回レビューするのは「Tronsmart T6」Bluetooth接続が可能なワイヤレス・ポータブル・スピーカーです。360°全方位サウンド、最大出力12.5Wのドライバー2つ、サブウーファー1つを搭載とパワフルながら4000円以下とコストパフォーマンスにも優れたモデル。

まずは本体デザインをチェック。Tronsmart T6は筒状の筐体となっています。ブランドロゴ。

t6-bluetooth-speaker

反対側。形状としてはJBL FLIPシリーズに似ているかもしれません。

tronsmart-t6-body

操作用のインターフェースは本体上部に集約されています。電源ボタン、再生/停止、曲送り/戻し、またハンズフリーの通話にも対応。

tronsmart-t6-how-to-use

T6本体の音量コントロールは銀色の部分を回すことで可能。回転もスムーズで、本体側で簡単に操作できるのは大きな特徴でしょう。

tronsmart-t6-volume

音もパワフルなのですが、サイズはポータブルのBluetoothスピーカーそのもので、簡単に持ち運びOK。

tronsmart-t6-design-top

底面。Tronsmartの文字&プレートには光で反射するスピン加工が。縦置きだと見えない部分にはなりますが、こういった部分のデザインもしっかりしています。

tronsmart-t6-subwoofer

底面は凹みがあるので、こちらも低域の音質に影響をしているものとみられます。震える重低音のサブウーファーが搭載されているので、迫力は凄まじいです。

tronsmart-t6-lows

接続ポートにはキャップ付き。

tronsmart-t6-ports

開けるとmicroUSBポート(充電用)、3.5mmステレオジャック用のAUXポートが搭載されています。ですので、Bluetoothのワイヤレスでも聴けますし、 AUX INで接続して有線で再生もOK(ちなみにAUX INモードでも、本体上部からのボリューム調整や再生停止などの操作は可能です)。

tronsmart-t6-microusb-aux-in

Bluetoothスピーカー以外の付属品は、説明書、microUSB – USBの充電用ケーブル、AUX INで接続用の3.5mmステレオジャックなど。他のレビューでは説明書に日本語なしとも情報がありましたが、今回届いたTronsmart T6には説明書に日本語の記載もありました。在庫によってどうなのかは不明ですが、現在は説明書も日本語があるみたいですね。嬉しいです。

tronsmart-t6-contents

500mlのペットボトルよりも少し大きいくらいのサイズ感なので、音量もかなり大きいところまで設定できますし、外出してのアウトドア利用も想定されているのでしょう。

tronsmart-t6-portable-bluetooth-speaker

音質を考えると、かなりのコンパクトサイズにおさめられています。ポータブルで気軽に持ち運べるのが良いですね。

Tronsmart T6のスペック・基本性能

MODELT6
ブランドTronsmart
Bluetooth4.1
連続再生時間15時間
(再生環境により異なる)
通信距離10m以内
バッテリー5200mAh(2600mAh×2)
充電時間 3~4時間
スピーカー出力12.5W×2
周波数帯域60Hz-20KHz
技適204-720343
その他独自DSP

付属品

付属品
Tronsmart Element T6 Bluetooth スピーカー本体×1
充電USBケーブル×1
(microUSB-B - USB Type-A)
3.5mm AUXケーブル×1
取扱説明書×1
日本語あり

本体ボタンの操作

再生停止・曲送り/戻し・音量調節はボタンを見ればわかるので、その他操作方法だけ確認しておきます。

電源ボタン

  • 3~4秒押す:電源ON/OFF
  • 電源ON時に一度押す:AUX-IN/Bluetoothモード切替

ハンズフリー通話ボタン

  • 受電した場合:軽く押して電話に出る
  • 通話中に軽く押す:電話を切り、音楽再生に戻る
  • 2~3秒長押し:最後にかけた番号にリダイヤル

bluetooth接続方法

Tronsmart T6の電源を入れてBluetoothモードに、またペアリングしたい機器のBluetoothをONにしておきます。

Tronsmart 6がペアリングモードになると青色のLEDが素早く点滅するので、この状態でPCやスマートフォンからBluetooth接続をするだけです。(ペアリングコードが必要な場合は0000を入力)

LEDランプが青色に常時点灯になれば、接続完了。

AUX INモード接続方法

aux-in-tronsmart-t6

コスパの良いBluetoothのワイヤレススピーカーですがAUX IN接続にも対応しているのが面白いところで、3.5mmオーディオジャックをiPhone、スマートフォンやPCと接続すれば、有線接続で音楽を聴くことも可能です。

AUX INとBluetoothモードの切り替えは、すでに説明した本体ボタンの操作を参照。ちなみにBluetoothモードで接続時はLEDが青ですが、AUX INモードでは緑に光ります。細かいところですが、やはりLEDが光ると印象が違いますね。綺麗です。

防水について

T6は防水非対応です。メンテナンスの説明にはスピーカーは乾燥した場所に保管と書いてありますし、湿気が入ると故障の原因になるとも記載があります。外出先で利用するなら、充電時以外はmicoUSBとAUX INポートのふたは閉めておくべきでしょう。

外出先や水場近くでも利用したいということであれば、同じTronsmartブランドから T2(IP56)、やIP67のBluetoothスピーカーが販売されています。こちらをチェックすると良いです。

充電

tronsmart-t6-led

microUSBポートを搭載しているので、こちらから充電が可能です。充電時間は3~4時間で、実際にチャージしてみるとそのくらいかかるのかなという印象。

電池持ちが連続再生で約15時間ということもあって、そこまで気にならないかと思います。一応充電しながらでもTronsmart T6なら音楽は聴けるようですし。

計25Wのパワー、クリアな音質、そしてドスンとくる重低音

個人的な話をするとヘッドフォン・イヤホン派で「置き型スピーカーって結構お金出さないと良い音聴けないでしょ」と思っていた1人です。ましてや約4000円で買えるスピーカーなんて…と使う前は思っていたのですが、見くびっていました。すみません。

まずはこの価格での音のクリアさに驚きました。独自のDSPを搭載+360°サウンドからか、異様にクリアです。家電量販店にいって5000円~1万円クラスのポータブルスピーカーというと「これならヘッドフォンに投資するわ」といった印象がほとんどだったのですが、Tronsmart T6は純粋にBluetoothスピーカーとして音楽を聴きたいレベルに秀逸。

portable-speaker

12.5W×2で計25Wスピーカーとなっており、室内では十分過ぎるくらいに大音量(室内で流しても最大だと近所迷惑になるレベルまで大音量にできます…)。このサイズからは考えられないくらいパワフルです。これならアウトドア用でもかなりの音量で使えそうです。

tronsmart-t6-review-3

極め付けは低域増幅のサブウーファー。スピーカーが揺れるほどの低域再生はクラブサウンドにもマッチするでしょうし、音量が大きくてもクリアさを維持できていたので、ボサノバを流してリビングをカフェ風な雰囲気にして楽しめました。360°サウンドのステレオスピーカーなので、どこに置いても楽しい。

このスピーカーの迫力が文字ではあまり伝わらないのが残念ですが、どれくらいすごいかというと、音量大きめで重低音のある音源なら、もれなくスピーカーが揺れます…(音量を大きくすると、実際にスピーカー本体が揺れるのが見えるレベルです。それだけパワフルかつコンパクト、ということかと)。

もちろんここまで音量を大きくして聴くことは室内ではまずないのであれですが、このレベルまで音量をあげてもしっかりと全体のクリアさをそこまで損ねていないのはすごいところです。しかも持ち運び可能なBluetoothのポータブルスピーカーですからね…。

一言、おそらく低価格のBluetoothスピーカーとしては買いである

この価格帯で「家で使いたい」と思えるBluetoothスピーカーだったというのも個人的に初めての体験だったのですが、それだけクリア&迫力の重低音、Bluetooth接続OKで、持ち運べるほどにポータブル性も高いです。これで4000円以下ならありですね。全然ありです。

購入:Tronsmart T6 – Amazon.co.jp

フォロー
シェア
タグ