「Ulefone Gemini」13+5MPデュアルカメラ搭載の激安スマートフォンが登場

中華スマートフォンのUlefoneブランドから、デュアルカメラ搭載の「Ulefone Gemini」が登場。背面に搭載した13MP+5MPのデュアルカメラでボケのある写真撮影が可能としており、5.5インチのフルHDディスプレイ、MediaTekのクアッドコアCPU、3GB RAMという基本構成に。

すでに海外ECサイトでもプレセールが開始しているので、スペック詳細を簡単にチェックしておきます。

Ulefone Gemini、デュアルカメラ搭載の中華スマホ

Ulefone Gemini」はUlefoneブランドから発売予定のAndroidスマートフォン。スペックは以下の通りです。

スペック

プロセッサーUlefone Gemini
ブランドUlefone
OSAndroid 6.0 Marshmallow
(7.0 Nougat OTA予定)
ディスプレイ5.5インチ フルHD 401ppi
Corning Gorilla Glass 3
プロセッサーMediaTek MT6737T
RAM3GB RAM
ROM32GB ROM
外部メモリmicroSDカード対応
(最大256GB)
背面カメラ13MP + 5MP(Interpolated)
フロントカメラ5 MP(Interpolated to 8MP)
バッテリー3250mAh
Wi-Fi802.11a/b/g/n 2.4G/5G
BluetoothBluetooth 4.0
SIMサイズmicro + micro SIM
両スロットLTE対応
(両スロット利用時は片方LTE/片方GSMとなる)
対応バンド
周波数帯
2G GSM: 850/900/1800/1900(B5/8/3/2)
3G WCDMA:2100/900(B1/8)
4G FDD-LTE:800/1800/2100/26001700(B1/3/7/8/20)
センサーGyro Sensor, Gravity Sensor, Touch Sensor
位置情報GPS, GLONASS, Digital compass
本体サイズ約154.5*76.8*9.1mm
重量約185g
カラーブラック/グレー/ゴールド
その他指紋認証センサー
参照http://ulefone.com/products/gemini/spec.html

本体はブラシ加工のあるメタル素材を採用。数ヶ月後にはAndroid 7.0 NougatへのOTAアップデート予告もあります。バッテリーはSONY。

13MP+5MPのデュアルレンズ

Ulefone Gemini最大の特徴は背面のデュアルカメラ。13MPのメインカメラと深度情報を記録する5MP(interpolated)のサブカメラを搭載しており、背景をぼかした写真撮影を可能としています。

MediaTek MT6737T、AnTuTu Benchmarkは4万点弱

プロセッサーは「MediaTek MT6737T」。機種のAnTuTu Benchmarkスコアは4万点弱としています。MT6737TはMT6737シリーズのスペック強化版で、CPUはクアッドコア@1.5GHz、GPUにはMali T720 MP2@600MHzを採用しています。(MT6737シリーズの詳細スペックとベンチマーク)

RAMが3GB、ROMが32GBと中華スマホとしてはスペックも十分。低価格帯モデルの中では期待できる基本スペックではないでしょうか。

5.5インチFHDディスプレイ

ディスプレイサイズは5.5インチ、フルHD(1080p)の解像度もコスパとしては高め。

Ulefone Geminiまとめ

デュアルカメラ搭載の中華スマホは低価格帯で多く開発されており、Xiaomi Redmi ProBLUBOO DualDOOGEE Shoot 1OUKITEL U20 Plusなど2017年はすでに多くの選択肢があります。

発売時の価格は各海外ECサイトで$140程度。SONYバッテリー、デュアルカメラ、Android 7.0 OTA予定といった内容を見ると100ドル台の中華スマホではコストパフォーマンスの高いモデルと言えるかもしれません。購入は以下のサイトから。