Ulefone MIX 2が発売。109.99ドルと激安も、初代Ulefone MIXからはスペックダウン

ulefone-mix-2

18:9のディスプレイを搭載した「Ulefone MIX 2」のプレセールが開始。価格は109.99ドルからと激安のLTE対応中華スマホですが、どうやら初代Ulefone MIXからはスペックダウンしているようなので、確認してみます。

「Ulefone MIX 2」109.99ドルからの激安18:9スマホが登場

予告されていた「Ulefone MIX 2」の販売がスタートしました。LTEに対応しており、109.99ドルと低価格、さらに18:9のアスペクト比を採用、角度によって見た目の異なる背面デザイン、デュアルカメラが特徴のモデルです。

ulefone-mix-2

Ulefone MIX 2のスペック・基本性能

MODELUlefone MIX 2
ブランドUlefone
OSAndroid Nougat
ディスプレイ5.7インチ IPS 18:9
1440×720ピクセル HD+
プロセッサーMediaTek MT6737
クアッドコアCPU
RAM2GB
ROM16GB
外部メモリmicroSDカードスロット
最大256GB
バッテリー3300mAh
リアカメラ13MP + 5MP Dual Camera
Sony IMX135
ƒ/2.0 large aperture
LED flash
フロントカメラ5 MP(Interpolated to 8MP)
ƒ/2.4 large aperture
Selfie Softlight
タッチID指紋認証センサー
対応バンドG GSM: 1900/1800/850/900(B2/3/5/8)
3G WCDMA: 2100/900(B1/8)
4G FDD-LTE: 2100/1800/2600/900/800(B1/3/7/8/20)
SIMサイズnano + nano (デュアルSIM)
片方のスロットはmicroSDカードスロットと排他利用
LTE/3GのDSDSには非対応
(片方LTEを使っている時、もう片方はGSM)
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/n 2.4GHz
Bluetooth4.1
センサーG-sensor, P-Sensor, L-sensor, Gyro, Compass, Fingerprint Sensor, Touch Sensor
位置情報GPS, デジタルコンパス
USBmicroUSB (2.0)
日本語対応
参照http://ulefone.com/products/mix2/spec.html

5.7インチ 18:9 HD+スクリーン

ディスプレイサイズは5.7インチ、HD+(1440×720)の解像度となっており、アスペクト比に18:9を採用しているのがMIX 2の最大の特徴でしょう。

ulefone-mix-2-display

一応公式Youtubeアカウントから動画が出ていますが、これをみる限りGalaxy S8シリーズを意識した機種のようですね。

以前展示されていた動画もあるので載せておきます。

MediaTek MT6737 クアッドコアCPU

Ulefone MIX 2にはMediaTekの「MT6737」がプロセッサーとして搭載。クアッドコアCPU、さらにメインメモリが2GB RAM、ストレージが16GB ROMと、かなりスペックを抑えたエントリーモデルということになります。

初代Ulefone MIXはオクタコアCPU(MT6750)で4GB RAM、64GB ROMとなっており、概ねAnTuTuベンチマークスコアも MT6737 < MT6750となっているので、価格は安いですが、SoC、RAM、ROM全体的に初代モデルからスペックダウンしているのは気になるところです。

Honorシリーズっぽいバックパネル

背面は角度によって異なる光り方を見せるデザインを採用。カラー展開からみて、Honor 8、9あたりを意識しているものと予想されます。

ulefone-mix-2-back-panel

13MP + 5MPデュアルカメラ

背面には13MP+5MPのデュアルリアカメラが搭載。背景ぼかしもOKとのこと。

ulefone-mix-2-dual-camera

フロントカメラは5MP。セルフィー用にソフトフラッシュが搭載されており、このあたりは面白そうです。

初代Ulefone MIXからスペックダウンが気になる

クアッドコアCPU、2GB RAM、16GBに3300mAバッテリーと、ほぼ全体的に初代Ulefone MIXから性能が下がっているのが気になります。UlefoneはArmor 2Helio P25Gemini ProHelio X27(もちろんこのあたりは価格が普通にプラスになるので、Xiaomiのミッドレンジスマホなどの方が個人的におすすめですが)を搭載してたりするので、話題になりそうな模倣モデルで低スペということは、もっぱら価格重視ということなのでしょうね。