Ulefone Power 3はAndroid 8.1 Oreo、約6000mAhバッテリー、18:9ディスプレイ

中華スマホのUlefone Mobileから「Ulefone Power 3」が予告。大容量バッテリーを搭載したスマートフォン「Power」シリーズの新モデルとしており、OSはAndroid 8.1 Oreo、約6000mAhの超大容量電池、また18:9のアスペクト比を採用する予定です。


Ulefone Power 3

Ulefone Mobileブランドから「Ulefone Power 3」が予告。2017年12月には発売もしくは正式発表されるようで、Powerシリーズということで、大容量6080mAhの超大容量バッテリー採用を予定している他、OSはAndroid 8.1 Oreo, また最近トレンドの18:9ディスプレイを搭載するとしています。

Ulefone Power 2より若干薄型になり、Helio P23を搭載か

すでに参考展示されていたようで、その暫定スペックと筐体デザインが確認できます。

本体サイズ(厚み)は先代モデルとなるUlefone Power 2より薄型になる予定とのこと。以前Power 2を触らせていただく機会があったのですが大容量バッテリーということもありかなり分厚い機種ではあったので、Power 3となり薄型化が期待されているのは良いニュースです。

ulefone-power-3-display

Ulefone Power 3では18:9のディスプレイを採用予定

ulefone-power-3-is-thinner

筐体の厚みはより薄くなるとのこと

スペック面ではディスプレイが6インチのFHD+(2180×1080)の18:9ディスプレイ、6GB RAM、64GB ROM、またプロセッサーにはMediaTekミッドレンジ向け新モデル「Helio P23(MT6763)」を採用予定。この手の中華スマホのミッドレンジモデルとしては内部仕様もそこそこ高いものになるようです。

ulefone-power-3-specs

MediaTek Helio P23を搭載予定

登場は2017年12月を予定しているとのことで、もう少しで中国製品を中心に取り扱う海外通販サイトにて販売があるかもしれません。