「Ulefone T3」MediaTek Helio X30/8GB RAMの中華スマホ

Ulefoneブランドが新モデル「Ulefone T3」の概要を紹介。最近の中華スマホはMediaTekプロセッサーを搭載したより高性能な低価格モデルが増えているような気がしますが、Ulefone T3はMediaTekのフラグシップ・SoC「helio X30」を搭載する予定です。

さらに予告では8GB RAMの大容量メモリと128GBの内部ストレージを備えるとしており、Ulefoneのブランド内でも過去最高スペックの機種になる予感。少しだけスペックが判明しているのでチェックしてみます。

Ulefone T3、MediaTek Helio X30を搭載予定

MediaTek Helio X30は10nmプロセス、10コアCPUを搭載した高速SoCとして発表され、Vernee Apollo 2が搭載予定です。が、ここにきて中華スマホブランドのUlefoneも「Ulefone T3」としてX30搭載モデルを発表するようです。

詳しいスペックはまだ明かされていませんが、今のところ判明しているのは以下の通り。

  • MediaTek Helio X30 (MT6799)
  • (10コアCPU / MG PowerVR 7XTP-MT4 GPU)
  • 8GB RAM / 128GB ROM

とにかく現時点でのMediaTek最上位SoCを搭載するというのが目玉ですね。その他スペックは今後発表される予定。

MediaTekのSoCはhelio P20 / P25、helio X20 / X22 / X25 / X27 / X30が出てきたことで、価格を抑えながらも高性能な中華スマホがさらに増えてきたような気がします。Verneeもそうですし、Elephone、UMiなどもこれらのSoCを搭載している機種が多くなっています。

今回明らかになったUlefone T3の存在ですが、発売は2017年後半になるだろうとのことで少し先の話のようです。MWC2017ではUlefone Armor 2、Gemini Pro、F1など今までより一段ステップアップした仕様のスマートフォンが紹介されたので、先にこれらもチェックしておいても良いかもしれませんね。

Gearbest Mad for May Sale: Up to 70% OFF + Lucky Draw + Cool Add-Ons promotion