「Ulefone Armor 2」はhelio P25搭載、しかも6GB RAM

耐久性を高めたタフネス中華スマホUlefone Armorが登場してからしばらくたちますが、Ulefoneはバルセロナで開催のMWC2017で新モデル「Ulefone Armor 2」を発表予定。

今回はスペックが大幅にアップし、プロセッサーにはMediaTek helio P25、6GB RAMを搭載予定。大幅にスペックアップして生まれ変わるようなので、簡単に判明しているスペックをチェックしておきます。

Ulefone Armor 2、初代から大幅スペックアップでMWC2017にて発表予定

  • Ulefone Armor 2
  • IP68 防水防塵
  • MediaTek helio P25 オクタコアCPU 2.5GHz
  • 6GB RAM
  • メタル+プラスチックのハイブリッドパーツ
  • 6つの物理キー
  • 指紋認証センサー
  • 16MP背面カメラ

IP68防水/MediaTek helio P25/タフネスパーツ採用

MWC 2017で発表予定のUlefone Armor 2ですが、初代Armor同様にタフネス仕様のスマートフォンになる予定です。IP68の防水等級に対応し、メタルとプラスチックのハイブリッド・アーマーを採用。

内部スペックではMediaTek helio P25をSoCに採用する予定で、メインメモリーも6GB RAM。MT6753を搭載した初代モデルからは大幅なスペックアップとなっており、この仕様なら今回もLTEには当然対応してくるでしょう。

合計6つの物理キーはサイド部分に設置されているようで、指紋認証センサーは「搭載するかどうか、発表時のお楽しみ」だそうな。背面パーツを見ると、リアカメラはおそらく16MPになるだろうと予想されます。

…初代Armorと比較すると大幅な仕様変更になっているのでおそらく価格も少しプラスになるだろうと予想されますが、そこは中華スマホ、ぜひ圧倒的なコスパを実現してほしいところです。

Gearbest Mad for May Sale: Up to 70% OFF + Lucky Draw + Cool Add-Ons promotion