「UMi MAX」Helio P10搭載の大容量バッテリースマホ。SuperとPlus、どれを選ぶ?

4,000mAhの大容量バッテリーにMediaTekのHelio P10プロセッサーを搭載した「UMi MAX」。価格が100ドル台とコストパフォーマンスに優れたモデルで、海外ECサイトでもレビューのなかなか多い中華スマホです。現在はUMi Plus EUMi Zなどより高性能なモデルも発表されていますが、コスパの面でまだまだ現役のMaxを今回は紹介します。

UMi MaxのスペックをPlus, Superと比較

umi-max-design

MODELUMi MAX
ブランドUMi
OSAndroid 6.0 Marshmallow
ディスプレイ5.5インチ 1920*1080 フルHD
SHARP IPS (2.5D Arc screen)
Corning Gorilla Glass 3
プロセッサーMediaTek Helio P10
オクタコアCPU
Mali-T860 GPU
RAM3GB SAMSUNG eMMC+LPDDR3
ROM16GB
背面カメラ13MP Panasonic camera Dual flashlight
1080p動画撮影
フロントカメラ5.0MP GalaxyCore® GC5005 camera
バッテリー4000 mAh 4.35V
SIMサイズデュアルmicro SIM
・片方はmicroSDカードスロット排他利用
・同時利用の場合はLTE+GSM
Wi-Fi802.11 a/b/g/n 2.4GHz/5GHz
BluetoothBluetooth 4.1
GPSBuild in GPS
センサーG-Sensor, Glonass, P-Sensor, L-Sensor, Accelerometer, Compass, Gyroscope, Hall switch
参照http://www.umidigi.com/page-umi_max_specification.html

UMi MAXのスペックは上記の通りですが、同じUMiブランドのSuperやPlusとも比較してみます。どれも同じようなスペックですが、下記の2モデルは4GBのメインメモリ、32GBの内部ストレージを搭載しており若干高性能になっているのが分かります。

またPlusは強化ガラスに日本電気硝子のT2X-(Dinorex)を採用しています。カメラもSamsung製を搭載しているので、この辺りでも性能は変わってきそうです。

MODELUMi SuperUMi Plus
OSAndroid 6.0 Marshmallow
ディスプレイ5.5インチ 1920*1080 フルHD
SHARP® LTPS (2.5D Arc screen)
Corning Gorilla Glass 3
5.5インチ 1920*1080 フルHD
SHARP® LTPS (2.5D Arc screen)
T2X-1 Gass
プロセッサーMediaTek Helio P10 (MT6755)
オクタコアCPU
Mali T860 700MHz GPU
メインメモリ4GB SAMSUNG eMMC+LPDDR3
ストレージ32GB
外部ストレージmicroSDカードスロット対応(最大128GB対応)
公式HP上のスペック表は128GBですが、
256GB表記あり
背面カメラ13MP Panasonic® camera Dual flashlight
1080p動画撮影
13MP SAMSUNG® 3L8 camera
PDAF auto-focus
Two-tone flash
1080p動画撮影
フロントカメラ5.0MP GalaxyCore® GC5005 camera
バッテリー4000 mAh 4.35V
PE+急速充電
Wi-Fi802.11 a/b/g/n 2.4GHz/5GHz
BluetoothBluetooth 4.1
対応バンドGSM: 850(B5)/900(B8)/1800(B3)/1900(B2)
WCDMA: 850(B5)/900(B8)/1900(B2)/2100(B1)
LTE FDD: 2100(B1)/1800(B3)/2600(B7)/800(B20)
SIMサイズmicro SIM + micro SIM
・microSDカードスロット排他利用
・同時待受はLTE+GSM
指紋認証センサー対応
GPSBuild in GPS
センサーG-Sensor, Glonass, P-Sensor, L-Sensor, Accelerometer, Compass, Gyroscope, Hall switch
本体サイズ約15.08 x 7.50 x 0.85 cm約15.50 x 7.50 x 0.88 cm
重量約200g約185g
参照http://www.umidigi.com/page-umi_super_specification.html
http://www.umidigi.com/page-umi_plus_specification.html
(本体サイズは販売サイトを参照しています)

価格はスペックの順に安くなっているのがポイントで、やはりUMi MAXが一番安いです。価格は以下を参考にしてみてください。

ここからはUMi MAXのキースペックをチェックしていきます。

5.5インチのフルHDディスプレイ

umi-max-display

SHARP製の5.5インチFHDディスプレイを採用しており、2.5D ArcのGorilla Glass 3で耐傷性を高めています。100ドル台のスマートフォンでもフルHD解像度のスマートフォンはかなり増えてきたような気もしますが、UMi MAXは未だにコスパの高い仕様になっていますね。

 MediaTek Helio P10 オクタコアCPU

umi-max-helio-p10

プロセッサーはMediaTekのHelio P10。基本スペックはMediaTek公式サイトを参照すると以下のようになっています。CPUは合計8コア、最大クロック数は2.0GHzとなっています。ミドルレンジのスマートフォンに搭載されるようなSoCですが、100ドル台と考えればコスパは◎。

Process 28nm
Apps CPU 8x Cortex-A53, up to 2.0GHz
Memory 1x LPDDR3 933MHz up to 4GB eMMC 5.1
Camera 21MP@24fps / 16MP@30fps w/ ZSD Dual ISP w/improved 3A/denoise/ demosaic/sharpness
Video Decode 1080p 30fps H.264/265
Video Encode 1080p 30fps H.264
Graphics ARM Mali-T860 MP2 700MHz
Display FHD 1920×1080 w/ 12 Blending Layer
Modem LTE FDD/TDD R11 Cat-6
with 2×20 CA (300/ 50Mbps), DC-HSPA+, TD-S CDMA, EDGE CDMA2000 1x/
EVDO Rev. A (3.1/1.8Mbps, SRLTE) LTE/GPS Co-clock Supported
RF Single RF for LTE 2×20 CA/WCDMA/TD/EDGE/C2K 14/14 Primary/Diversity RX Ports
Connectivity Wi-Fi abgn w/ throughput up to 90Mbps / GPS /Glonass/Beidou w/ improved TTFF & Drift, BT/FM

umi-max-gpu

GPUはMali T860。価格帯を考えればスペックは十分でしょう。すでに説明した通りUMi MAXは3GB RAM、16GB ROMとなっているので、より性能を重視したいなら価格を少しプラスしてUMi PlusやUMi Superを検討すべきかもしれません。

 デュアルSIM、microSDカード対応

umi-max-expandable-storage

本体ストレージは16GBですが、microSDカードが利用可能です。micro SIMのデュアル仕様で、両スロットがLTEに対応しているのも特徴。同時利用はLTE+GSMになるので日本国内では特に意味を持ちませんが、SIMカードを設定から切り替えて使えるのはメリットです。

 13MP Panasonicカメラ

umi-max-camera

背面カメラは13MP、Panasonic。動画撮影は1080pに対応しており、スペックを見るとUMi Superと同じですね。

SONY バッテリー

umi-max-battery

4,000mAhの大容量バッテリーを搭載。これは上位機種のPlusやSuperと同じですね。さらに上位機種のUMi Plus Eも4,000mAhバッテリーです。

UMi Max type-C

接続ポートはUSB Type-Cを採用。リバーシブルコネクタで便利です。きになるのはUMiのPE+急速充電への対応非対応の部分で、公式サイトには特にPE+対応の記載がないです。

フォーラムの中の「Umi MAX Fast charging support?」ではPE+や急速充電への対応有無が議論されているので、こちらを参考にしてみると良いかもしれません。

 オーディオ

umi-max-audio

AW8738と底面スピーカー。この辺りも他のUMiスマートフォンと同じような仕様になっています。

 背面の指紋認証センサー

umi-max-fingerprint

360度認証、5つの指紋登録が可能なセンサーを背面に設置。

UMi MAXまとめ

スペック的には同じHelio P10を搭載したPlusやSuperよりも少し劣ります。しかしながら価格が少し安いですしHelio P10搭載機が割と快適に動くので、コスパ重視ならMAX、より性能を求めるならPlusやSuperといったところでしょうか。

購入:UMi MAX

また最近はHelio P20を搭載したUMi Plus Eが発売され、さらにMediaTek SoCの最新モデルであるHelio X27を搭載したUMi Zも2017年に発売予定です。より高性能な選択肢を求めるならこういった機種をチェックしておくと良いかもしれませんね。

Gearbest GPD-Pocket-Laptop promotion