UMIDIGI Sのフルスペックが公式サイトから公開。Helio P20、4GB RAM、64GB ROM

情報が少し出ていたUMIDIGI Sのフルスペックが公式サイトから公開されました。Android 7.0 NougatベースのUMI OS、プロセッサーにはHelio P20、4GB RAM、64GBストレージ、microSDカードスロットに対応し、背面にはデュアルカメラ、4000mAhを搭載しています。

UMIDIGI Sのスペック・基本仕様

MODELUMIDIGI S
ブランドUMIDIGI
本体カラーブラック/ゴールド
本体サイズ154.9*75.85*7.98mm
167g
本体アルミ合金のユニボディ
OSUMI OS (Android 7.0)
ディスプレイ5.5インチ
SHARP IGZO
マルチタッチ
プロセッサーMediatek Helio P20
オクタコアCPU 最大2.3GHz
Mali-T880 MP2 900MHz GPU
メインメモリ4GB RAM
ストレージ64GB ROM
外部メモリmicroSDカードスロット(最大256GB対応)
バッテリー4000mAh
PE+対応
リアカメラSamsung S5K3L8 13MP + 5MP
フロントカメラ5MP GC5005
対応バンドBandGSM 850(B5)/900(B8)/1800(B3)/1900(B2)
WCDMA 900(B8)/2100(B1)
LTE FDD 2100(B1)/1800(B3)/2600(B7)/800(B20)
SIMサイズnano SIM ×2
Wi-Fi802.11 a/b/g/n 2.4/5GHz
Bluetooth4.1
GPS, センサーBuild in GPS
SensorG-Sensor, P-Sensor,
L-Sensor, Accelerometer
Compass, Gyroscope,
Glonass, Hall switch
その他OTGサポート
3.5mmオーディオジャック
USB Type-Cポート
Smart PA: Richtek,IC: RT5509WSC
参照http://www.umidigi.com/page-umidigi_s_specification.html

ディスプレイはSHARP IGZO、SoCはMediatekのHelio P20、UMIということなので価格は安くなるものと予想されますが、大容量の4GB RAMと64GBストレージを搭載しています。

背面にはSamsung製のCMOSイメージセンサー「 S5K3L8」を採用したデュアルカメラを搭載。通信面ではLTEに対応し、大容量の4000mAhバッテリーはPE+をサポートし、付属充電器もPE+対応のようです。

シンメトリックなデザインを採用したデザイン以外にもミッドレンジとしてはある程度使えそうなスペックになっている気がしますが、どうでしょうか。