「vernee Active」が発売。IP68, 5.5″ FHD, Helio P25, 6GB RAM, 多バンド対応のタフネス中華スマホ

vernee-active-waterproof

タフネス中華スマホ「vernee Active」が発売。Android OSをベースにしたVOSを採用し、5.5インチのJDI フルHDディスプレイ、MediaTek Helio P25オクタコアCPU、6GB RAM、128GB ROMの大容量メモリに加えて、IP68相当の防水性能や、メタルとTPUパーツを組み合わせたタフネス仕様になっています。

NFCや多くのLTEバンドをサポートしているのも特徴で、バッテリーも4200mAhと大容量、9V/2A急速充電にも対応。なかなかのスペックになっているかと思うので、チェックしていきます。


vernee Active、多バンド対応の中華タフネススマホ

中華スマホでは「タフネス」仕様のスマートフォンはいくつか登場していますが、スペックの高めな「vernee Active」が登場です。Android NougatベースのVOSを搭載したSIMフリーのスマートフォンで、IP68相当の防水性能、アルミ合金とTPUパーツによる耐衝撃性能も備えています。

 vernee-active-display

MODELvernee Active
OSAndroid 7.0
VOS
SoCMediaTek Helio P25
RAM6GB
ROM128GB
外部メモリTFカードスロット
ディスプレイ5.5インチ JDI
1920×1080ドット フルHD
カメラリア16MP
フロント8MP
対応バンド2G: GSM B2/3/5/8
3G: WCDMA: B1/2/4/5/8
4G: FDD: 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/26 TDD: 38/39/40/41
TD-SCDMA: 34/39
C2K: BC0
SIMスロットnano + nano
Wi-Fi2.4GHz/5GHz対応
Bluetoothサポート
バッテリー4200mAh
9V/2A急速充電
その他IP68防水防塵
耐落下性能
指紋認証センサー
USB Type-Cポート
NFCサポート
GLONASS+GPS

veree-ip68-rugged-smartphone

vernee-active-tough-smaho

内部スペックにも注目。ディスプレイはJDIの5.5インチ・解像度は1920×1080ドットのフルHDスクリーンとなっており、プロセッサーにはMediaTekのhelio P25 オクタコアCPUを採用。内蔵メモリは6GB RAM、ストレージが128GB ROMと、ミッドレンジのスマートフォンとしてはかなりの大容量を搭載しています。microSDカードスロットにも対応。

vernee-active-internal-specs

バッテリーは4200mAhの大容量となっており、9V/2Aの急速充電にも対応。ネットワーク面でも6モード合計28バンド(16のLTEバンド)に対応しており、確認してみるとBand 19もサポート。NFC対応やデュアルバンドWi-Fi(2.4GHz/5GHz)への対応など、モバイル通信の面でもGoodな予感。

vernee-active-9v-2a-fast-charging

vernee-active-sensors-nfc

vernee-active-global-bands

AliExpress他TOMTOPで先行販売が行われており、AliのOfficial Storeは319.99ドルですが、TOMTOPだと299.99ドルと少し安いです。購入は以下のページから。

購入:vernee Active – TOMTOP