「vernee Active」はブランド初のタフネス中華スマホ。IP68防水、Helio P25、4200mAhバッテリー

vernee-active

新鋭ブランドのverneeから「vernee Active」が予告。同ブランドでは初のRugged Phone(タフネスフォン)になる予定で、プロセッサーはMediaTek Helio P25オクタコアCPU、6GB RAM、128GB ROMと大容量メモリを搭載し、バッテリーは4200mAh、さらにIP68相当の防水性能に対応するとしています。

追記:発売されました。


vernee Active、タフネス中華スマホが登場予定

vernee Activeは、中国verneeブランドから登場予定のAndroidスマートフォンです。今回のキーワードは「タフネス」。

vernee Activeのスペック・性能 (IP68防水)

  • ディスプレイ:5.5インチ IDI Incell 1920×1080
  • SoC : MediaTek Helio P25 オクタコアCPU
  • RAM : 6GB RAM
  • ROM : 128GB ROM
  • 防水:IP68
  • バッテリー : 4200mAh
  • NFC 対応
  • USBポート:Type-C OTGサポート
  • ネットワーク: 6モード、28つのBand対応

JDIの5.5インチディスプレイを採用し、解像度はFHD、おそらくIPSかと思われます。プロセッサーはMediaTekのHelio P25を採用しており、メモリも6GB RAM、ストレージも128GBと大容量。バッテリーも4200mAhと5.5インチのスマホにしては大容量です。より多くのネットワークを掴めるようなスペックになるとのことで期待。

注目は「IP68」相当の防水性能に対応している部分。同社初のタフネススマートフォンシリーズということで気になっていた存在ですが、スペックがそこそこに高いので、個人的にも少し期待しています。

追記:TOMTOPから発売しました。